【DAY4】2020年 北海道林道ツーリング 道北エリア林道イッキ走り

【DAY4】道北エリア林道イッキ走り

2020年6月29日

天気:曇りのち雨のち晴れ

外気温:11〜21℃

走行距離:341.4km(内ダート区間 70.2km)

関連記事 北海道ツーリングで利用したキャンプ場マップ【11箇所】

まとめ動画

ルート

A地点がスタートでF地点が終了です。

F地点の後は、一般道を通ってA地点のびふかキャンプ場へ戻りました。

A:びふかアイランドキャンプ場
B:激流の滝 1.2km
C:北隆線林道 13.5km
D:風烈布林道(フーレップ) 17km
E:ケモマナイ林道 22km
F:道道732号線 16.5km

当日の出来事

2日半ぶりに美深エリアの雨が止んだので、周辺の林道を走破すべく出撃準備。

2日間テントの中で巣ごもり生活をしていたので、体がガチガチに固まってました。

バイクカバーとして使用していたタープを乾かす為に張りましたが、タープを張ったのは結局この1回だけでした^^;

関連記事 連泊バイクキャンプツーリング向けタープの選び方

当然パニアケースはベースキャンプに置いたまま。

帰りに買い出しをするかもしれないので、空っぽにしたリュックを背負って出撃。

使用しているリュックはBMWのファンクショナルリュックサックトール 25/30Lです。

▼移動時は衣類を入れてリアシートにネットで固定しています。

▼このリュックは防水なのにポケットも豊富で使いやすいです。

関連記事 BMW ファンクショナルリュックサック トールのレビュー

激流の滝

ダート区間は1.2kmです。

しっかり踏み固められた道なので、オンロードバイクでも走れるでしょう。

ベースキャンプから一番近いダートがココでした。

滝を見ることが目的ではなく、ウォームアップの為に短い林道を走ってみたかっただけです^^;

▼激流の滝は、その名前からさぞ凄まじい滝なのだろうと期待をしてましたが、かわいい滝でした。

そういえばココでクレジットカードを拾った^^

もちろん交番に届けましたヨ!

北隆線林道

ダート区間は13.5kmです。

今まで他の地域で走ってきた感覚だと、途中に舗装区間があったりするのですが、橋の部分を除いて入口から出口まで全てダート。天国です。

雨が降り出してきましたが、ぬかるみや水溜り地帯も少なくて走りやすかったです。

入口付近がすこし荒れていたのですが、それ以外は特に危ない場所はないので大型アドベンチャーバイクでも安心して走れます。

直線が多いのでちょっと物足りない林道だったりします^^

▼路面状態や分岐ポイントが気になる方はコチラの動画をご覧ください。

この動画の目次
04:22 分岐1
04:39 分岐2
14:08 トンネルっぽくていい感じ
21:48 分岐3

風烈布林道(フーレップ林道)

ダート区間は17km。

こちらも途中に舗装区間はありません。

やたらとスピードの乗る林道で、この日に走った林道の中では一番面白いダートでした。

熊が出そうな雰囲気だったので、休憩もせず一気に走り抜けました^^;

注意すべきポイントは、砂利の深い区間が長いのと、オホーツク海側から侵入すると後半は道幅がかなり狭いです。

分岐ポイントは無いので途中で迷うことは無いでしょう。

▼路面状態が気になる方はコチラの動画をご覧ください。

この動画の目次
01:39 砂利が深い
15:31 シカ
16:37 中央の草の背が高くなる
21:04 中央の草の背が高くなる
23:30 道幅が狭い
25:07 タイヤのコメント

ケモマナイ林道

ダート区間は22km。

こちらも舗装区間はなし。

川沿いを走る気持ちの良いダートでした。

一部砂利が深い箇所がありますが、荒れた部分も少ないので大型アドベンチャーバイクでも走れます。

分岐は多いのですが、スマホナビに道が乗っているので安心。

天気が良ければオホーツク海を見下ろせるポイントがあるようです。

▼路面状態や分岐ポイントが気になる方はコチラの動画をご覧ください。

この動画の目次
01:45 少し砂利深い
06:27 少し砂利深い
07:46 少し砂利深い
08:12 分岐1(直進する)
10:16 シカ
12:58 シカ
13:12 浅い溝
13:37 少し砂利深い
15:16 緑が綺麗な区間
16:45 砂利が深い
17:40 草刈りされた痕跡
19:00 見晴らしが良さそう
22:36 分岐2(直進する)
26:48 見晴らしが良さそう
27:52 長い緩やかな下り区間
31:22 草刈り作業車
32:15 4輪すれ違い
33:55 分岐3(右へ)
36:37 広場?
37:11 分岐4(右へ)
39:43 溝あり

道道732号線

未舗装の道道です。

距離は16.5km。

オホーツク海から侵入して数キロは、面白味のない「ちょっと荒れた舗装路」って感じです。

後半は湿原の中を走る爽快なダート!

分岐ポイントは無く、路面も危ない箇所はありませんでした。

この道の路面確認動画はありません。

F750GSの汚れ

▼雨の林道を走ったので、相棒が超絶に汚れてしまいました^^;

早く洗車したかったのですが、どこに洗車場があるのか分からず…

この後の予定も林道だらけだったので、どうせ汚れるからドライブレコーダーのレンズとナンバープレートだけ拭いて、このまま数日間走り続けました^^

この6日後くらいに寄ったガソリンスタンドで洗車しました。

関連記事 F750GSにドライブレコーダーを付けてみた EDR-21

林道のあとは温泉!

全てのダートを走り切った後に晴れ間が出てきました^^;

ベースキャンプに戻り、びふか温泉でひとっ風呂あびてから食堂で刺身定食+ビール。

この食堂の予算は800円〜1,300円くらいで良心的な価格です。

味もうまい!

ヘタクソな自炊をするより外で食べた方が全然良いです^^;

びふかアイランドがあまりにも居心地が良いので、なんか移動するのが面倒臭くなりました。

長期でこのキャンプ場に滞在している方の気持ちが良くわかります^^

走って、風呂入って、飯食って、一杯飲んだら寝る。

こんな贅沢で健康的な生活が送れて幸せです^^

この日もhuluの「さすらい温泉 遠藤憲一」を観ながら20時には寝落ちしてました–


DAY5へ進む>>

<<DAY1〜DAY3へ戻る

<<まとめページに戻る