【LG 34GK950F-Bレビュー】迷ったらコレ買っておけば問題なし! 34インチ ウルトラワイドゲーミングモニター

LGの34GK950F-Bを購入して60日ほど使用しましたのでレビューします。

LG 34GK950F-Bについて

LGの34GK950F-Bは、2019年の2月に発売された34インチウルトラワイドゲーミングモニターです。

主な仕様

特に優れている点を青字にしています。

パネル IPS 曲面 ノングレア
視野角(水平/垂直 ) 178°/178°
解像度 UWQHD 3440 x 1440
アスペクト比 21:9
最大リフレッシュレート 144Hz(Displayport)
85Hz(HDMI)
応答速度 5ms(GTG)
同期技術 AMD FreeSync2
NVIDIA G-Sync Compatible(非公式で対応)
HDR HDR10、DisplayHDR400
横幅 81.9cm
高さ 46.3cm〜57.3cm
重量 7.3kg(スタンド込み)
5.5kg(スタンドなし)
前後角度調整 前:-5°、後:15°
左右角度調整 左右20°
高さ調整 0〜11cm
モニターアーム 対応 VESA 100 x 100
入力端子 DP1.4 x 1、HDMI x 2
ヘッドホン端子 あり
USB USB3.1 Gen1(5Gbps) x 2
電源 アダプター
スピーカー なし
保証 3年(バックライト含む)

▼ライバル機種との比較は、こちらの記事を参考にしてください。

【2020年最新版】34インチ ウルトラワイドゲーミングモニターの選び方

LG 34GK950F-B お姿チェック

▼到着時の箱はこんな感じでした。それほど大きくないです。

▼付属品の一部。写真の他に電源ケーブル、DisplayPortケーブル、USBアップストリームケーブル、マウスケーブルホルダーが付属しています。ACアダプターのコネクター形状はミッキー型です。

▼私は付属のスタンドは使わず、HPのモニターアームを付けました。VESA100に対応しています。アームを除いた本体の重量は5.5kgです。電源がアダプター式なので本体は軽量でした。赤丸の線はLEDではなく、デザイン上のアクセントです。

▼ベゼルの幅は1.2cmです。

▼右下に付けるマウスケーブルホルダー。私は使っていませんが、マウスケーブルの太さなら2本通せました。

▼背面端子(Displayport x 1、HDMI x 2、USBアップストリーム x 1 / ダウンストリーム x 2、ヘッドホン出力、電源アダプタ入力)

▼底面には設定を呼び出すスティックがあります。

21:9の破壊力

PCの環境

CPU::AMD Ryzen 7 3700X

GPU:AMD RADEON RX5700XT

メモリ:64GB

関連記事:サイコムのBTOパソコンが届いて激しく興奮した! G-Master Spear X570Aカスタム

発色

▼発色は鮮やかでムラがありません。IPSパネルなので当然ですが、斜めからみても色の変化がなく良好です。

最近はあまり聞きませんが、ドット抜けは無しでした。

お世話になりたくありませんが、この製品は3年保証(バックライト含む)なので安心です。

DisplayHDR400は、私の環境だとうまく動きませんでした。

これはWindows側にも問題があると思います。

関連記事:PCゲームのWindows10 HDR 無効化設定で苦労した話

PCゲーム

▼ほとんどのPCゲームは21:9表示に対応しています。ド迫力です。

▼ただしゲーム中に挿入されるムービーは、16:9表示になる物が多いです。その場合は左右に黒帯が発生します。

私の環境だと2019年発売のゲームで、100フレーム以上は出ませんでした。大体80〜90くらいです。

この解像度(UWQHD)で144フレームを出すには、相当なハイスペックPCが必要でしょう。

映画

▼Netflixで21:9対応の映画を見てみましたが、上下の余白が発生しないので凄まじい迫力です。

映画鑑賞用途にも最適です。ただし、21:9に対応したコンテンツはまだ少ないですね。

IPS液晶なので、だらしない姿勢で見ても発色にムラが出る事はありません。

その他

動画編集やWEBブラウジングは、控えめに行って最高です!

▼WEBブラウザーは2つ横に並べても作業スペースまで確保できます。

▼そして、動画編集についてはウルトラワイドな画面をフルに使えます。シーケンスを横一杯に広げられるので、効率が上がる事間違いありません!

オンスクリーン設定

▼底面のスティックを押し込むと、メニューが表示されます。入力の切り替えは3アクション必要(ステッック押し込み→入力→ソース選択)。

▼私の場合、初期設定から何もいじる必要はありませんでした。初期状態での発色、レスポンス共に良好です。Displayportのバージョンは1.4まで対応しています。HDMIのバージョンは不明です。

実際に使ってみた感想

34インチのウルトラワイドモニターとなると、一番気になる事は設置場所の確保でしょう。

他の製品は横幅が約83cmなものが多いのですが、この製品は81.9cmと短いです。

流石にこのクラスのモニターになると、横幅は1cmでも短いと助かります。

安価なモデルになるとUSBハブ機能が省かれていますが、34GK950F-Bには2ポートのUSBハブを搭載しています。

USBの規格は3.1 Gen1(5Gbps)です。

なくても運用上で問題になる事は全くありませんが、あると非常に便利です。

特に外部スピーカーにUSBバスパワー式の物を使用している方は、助かる装備となるでしょう。

残念なところ

価格が12万程度と高価なことと、HDRが私の環境だとうまく動かなかったことだけです。

ゲームによっては画面が広すぎて、視線を動かさないと情報を瞬時に確認できないデメリットがあります。

まとめ

IPS液晶により広い視野角と良好な発色を確保し、UWQHDの広大なデスクトップは、ゲームだけでなく動画編集やブラウジングなどにもマルチに対応できます。

リフレッシュレートは144Hzまで対応しているので、ゲームを滑らかに動かすことができますが、UWQHDの解像度で100フレーム以上を出すにはPCのスペックもかなりの物が必要です。

悪くいえば、宝の持ち腐れ。

良くいえば、長く使えるモニターです。

ゲーム用途で考えると、より反応の良いTN液晶が好まれますが、34インチウルトラワイドモニターにTN液晶を採用した製品はありません。

つまりこのクラスのモニターは、まだ選べるほど製品が出揃っていません。

解像度に関しては、最後まで安価なUWFHD(2560 x 1080)と高価なUWQHD(3440 x 1440)で悩みました。

ゲーム以外の用途にもPCを使うので、UWQHDを選んで本当に良かったです。

充実した入力端子、ベゼル幅も狭くて作りに安っぽさは全く感じません。

現状では迷ったらこの製品を買っておけば間違いないでしょう。

▼使用しているモニターアームはこちら

created by Rinker
ヒューレット・パッカード(HP)
¥13,980 (2020/03/28 05:56:04時点 Amazon調べ-詳細)

【2020年最新版】34インチ ウルトラワイドゲーミングモニターの選び方