【気になる製品メモ】 OWC THUNDERBOLT HUB – Thunderboltを増設するハブは拡張ドックの決定版か?

MacBookシリーズを使っていてThunderbolt3ポートを増やしたいとお悩みの方。

2020年11月27日、OWCより理想的な製品が発売されました。

私も購入を検討しているので、ここに情報をまとめておきます。

▼その他のThunderbolt3拡張ドック記事はこちらを参照してください。

関連記事 MacのThunderbolt3ポートを増設できる拡張ドックまとめ

OWC THUNDERBOLT HUBとは?

出典:OWC(画像クリックでメーカー製品ページへ)

OWCというメーカーから発売されたThunderboltハブです(拡張ドック)。

(OWC:Other World Computing)

コレを使えば物理的にThunderboltポートを増やせます。

公式サイトの販売価格は$149。

国内のAmazon価格は26,000円程度なので、かなりイケてる製品でしょう!

>>Amazonの販売ページ

>>OWC THUNDERBOLT HUBメーカー製品紹介ページ(公式)

機能

出典:OWC(画像クリックでメーカー製品ページへ)
コネクタ数 仕様
TYPE-C x 4 Thunderbolt4(40Gb/s)
TYPE-A x 1 USB3.2(10Gb/s)

パソコンへ60Wの給電が可能。

TYPE-Cの1つはパソコンとの接続に使用するので、物理的にThunderboltを2ポート、TYPE-Aを1ポート増設可能。

Display Alt.モードを使用した映像出力は4Kで2台、5K以上は1台まで可能。

Thunderbolt4の製品ですが、OWCのページを見るとThunderbolt3のMacで利用可能(Big Surにも対応)です。

Thunderbolt4を搭載したパソコンが普及するのは間違いないので、将来性の高い製品だと思います。

Thunderbolt4とは?

▼Thunderbolt3との主な違いは次の通り

TB4 TB3
コネクタ形状 TYPE-C TYPE-C
最大データ転送速度 40Gb/s 40Gb/s
40Gb/s通信が可能な最大ケーブル長 2m 0.8m
1コントローラあたりの4K映像出力 2台 1台
Dockに接続したKB、マウスからのスリープ解除 可能 不可
USB4機能 準拠 互換

▼詳細な仕様はThunderboltテクノロジーの技術仕様書をご覧ください。

>>Thunderbolt4 プレス資料(PDF)

気になること

拡張ドックで良くある問題

  • スリープ解除時にドックに接続したデバイスが反応しない時がある

もう一つ気になるコト

  • Thunderbolt3の(INTEL)Macで、ドックから2台のモニターに映像出力ができるか?

▼図にするとこんな感じです。

▲残念ながらM1チップ搭載の2020年型 Macでは、この製品を使っても2台以上のモニターは接続出来ない。


上記2点の疑問がクリアできれば、買いの製品だと思ってます。

まとめ

他にも拡張ドックはいくつか存在しますが、人によっては無駄なポートが多かったりします。

この製品は、とにかくシンプル。

Thunderboltを物理的に増設できる製品は見たことがない(知らないだけかも?)。

そして価格が安い。

貴重な存在だと思います。

気になる方はチェックしておいた方が良いでしょう。

参考になるリンク

関連記事 MacのThunderbolt3ポートを増設できる拡張ドックまとめ

>>OWC THUNDERBOLT HUBメーカー製品紹介ページ(公式)

>>Thunderbolt4 技術資料(PDF)

>>日本OWCのホームページ(この製品は、まだ紹介されていません)


関連記事 Macbook 12インチにUSB TYPE-Cポートを増設する