GoPro MAXとHERO8の映像比較をしてみた

GoPro MAXとHERO8の差ってどうなの?

そんな疑問をお持ちの方に書いています。

まとめ動画

スペック比較 vs HERO8

まずは基本性能の比較をしてみましょう。

優れている点を青地にします。

MAX HERO8
360度ビデオ ✖️
ビデオ(HEROモード) 1440P/30FPS
1080P/60FPS
4K/60FPS
最大画角(HEROモード) 13mm 16mm
防水 5m 10m
水平維持 ソフトウェアで可能
外部マイク接続 ✖️ (オプション)
サイズ 幅64 x 高69 x 奥25 幅66.3 x 高48.6 x 奥28.4
重量 154g 126g

他に細かい機能の差はありますが、普通の動画撮影なら上記の違いだけを抑えておけば良いです。

その他の機能比較

MAX HERO8
ウィンドノイズ低減 6マイク処理 3マイク処理
LiveBurst
(撮影前後の1.5秒間記録)
✖️
PowerNano
(270度パノラマ撮影)
✖️
スーパーフォト
(HDR)
✖️
スローモーション 2x 8x

スペック比較まとめ

上記のスペック表をみて分かる通り、MAXはHERO8を360度カメラにしただけではないことがわかります。

うまいこと機能に差をつけているので、自分が撮影したいシーンに合う方を選びましょう。

ただし、ほとんどの場合、MAXがあれば事足りると思います。

お姿

▼横幅はMAXの方が狭い

▼液晶はHERO8の方が大きい

▼USB端子の位置が違う

▼足は両者とも折りたたみ式

▼バッテリーはMAXが1600mAh、HERO8は1220mAh。

画角比較

GoPro HERO8が16mm相当、GoPro MAXはHEROモードで13mm相当の画角です。

▼HERO8 16mm相当

▼MAX 13mm相当

やっぱり違いますね^^;

次はあまり意味がないのですが、MAXの360度映像との画角比較です。

▼HERO8

▼MAX

ケタ違いの画角差ですが、360度撮影をするとファイルサイズも大きくなるので、常時回しっぱなしの録画には向いてないと思います。

MAXは要所要所で、HEROモードと360度撮影を切り替えるのが良いでしょう。

GoPro MAXの残念なところ

買う前から分かっていた事ですが、残念なポイントは次の2つです。

  • 外部マイクが繋がらない
  • 360度撮影データの編集が面倒

外部マイクが繋がらない

▼MAXをこんな状態で使えたら最高なのですが、残念ながら外部マイクアダプターは認識しません。

MAXに外部マイクが繋がると、私の用途ではHERO8が要らなくなります。

これは外部マイクを使いたい人はHERO8を買って下さいと言った、計画的な仕様のような気がしてなりません。

まぁ、仕方ないですね。うまく使い分けるしかありません。

360度撮影データの編集が面倒

現在、360度映像の再編集ができる環境は、スマホアプリかMacのGoPro Playerに限定されています。

Windowsユーザーはスマホで頑張るしかない状況です^^;

さらに至る所で言われていますが、360度映像のリフレーム作業は、ライバルのInsta360 One X / One Rに比べるとかなり使いにくいです。

この問題さえ解決してくれたら、最高のカメラなのですが…非常に残念です。

追記:2020年2月

GoPro Playerのアップデートで、Insta360 Oneシリーズのように固定焦点にできるようになりました。

編集操作はInsta360 Oneシリーズよりも少々クセが強いです。

GoPro MAXの良いところ

実際に使ってみて、特に次のポイントが優れていると思いました。

  • HEROモードが素晴らしい
  • 水平維持機能が素晴らしい
  • 内蔵マイクの性能が高い

HEROモードが素晴らしい

MAXをHEROモードにすると、普通のGoProのように片側のレンズだけを使って撮影ができます。

記録ファイルはmp4で出力されるので、当然ながら動画編集ソフトへそのまま持っていけます。

ライバル製品のInsta360 Oneシリーズだと撮影データーは独自ファイル形式で出力されるので、動画編集ソフト等で加工する場合、必ずmp4に変換する煩わしい作業が発生します。

水平維持機能が素晴らしい

▼水平維持機能を有効にすると、たとえカメラ本体を斜めに設置しても、映像はしっかり水平を維持してくれます。

▼実際の映像

これは素晴らしい機能です。設置場所の幅が広がります。

GoPro HERO8も撮影後にソフトウェアで水平維持を掛けられます。

しかし、処理の工程で画角がさらに狭くなってしまうので、あまり意味はありません。

まとめ

2019年10月に発売されたGoPro MAXとGoPro HERO8。

恥ずかしながらGoPro MAXは、Insta360 One Xと同類の360度専用カメラだと思っていました。

しかし、実際に使ってみたところ、外部マイクが繋げないことを除けば、HERO8よりもMAXの方が総合的に優れていると感じました。

モトブログのように、高速で移動しながら自分の声もクリアに録音したい場合は、外部マイクの繋がるHERO8が相応しいです。

それ以外のシーンでは、MAXの方が良い映像が撮れるでしょう。

関連動画

▼GoPro HERO8とMAXのSuperViewモードを比較した動画です。

コメント・お問い合わせ

当ブログはコメントを受け付けていません。 御用の方は、次の手順のどちらかを使ってメッセージを送ってください。

  1. ブログの「お問い合わせ」からメッセージを送る
  2. Twitter(@pacosadv)をフォローしてダイレクトメッセージを送る