BenQ EX3415R 34インチウルトラワイドゲーミングモニターの使用感などを解説

BenQから販売されているウルトラワイドゲーミングモニター「MOBIUZ EX3415R」の使用感をチェックします。

  • EX3415Rの使い勝手を知りたい
  • 高性能なウルトラワイドモニターが欲しい
  • デメリットは?

気になる人はぜひ参考にしてください。

目次

BenQ MOBIUZ EX3415Rの特徴とスペック

EX3415Rは34インチ/IPS液晶/UWQHD/144Hzのウルトラワイドゲーミングモニターです。

ここが良い!
  • キレイな画質と高い臨場感
  • 便利な画面分割機能
  • 多機能リモコン
  • 2.1chスピーカー

実際に使ってみたところ、気になるデメリットがない「優等生」です。

VAパネルの製品よりは価格が高いものの、IPSなら妥当な価格で、同クラスのモニターの中でも高い基本性能と抜群の使い勝手で「迷ったらこれ」と言える完成度の高い製品となっています。

IPSでウルトラワイドを探している人にはベストな

これから詳しく解説しますので、気になる人はぜひチェックしてください。

画面サイズ34インチ
解像度UWQHD
(3440 x 1440)
パネルIPS
(曲率1500R)
リフレッシュレート144Hz
応答速度1ms
HDRDisplayHDR 400
HDRi
最大輝度通常:200cd/m2
HDR:400cd/m2
入力端子DisplayPort x 1
HDMI x 2
USBハブ2ポート
スピーカー2.1ch
(2W+5Wサブウーファー)
参考価格120,000円前後

\最新価格をチェック/

EX3415Rの開封チェック

製品箱は横幅こそ大きいものの、スリムで場所を取りません。

箱を保管するタイプの人にとっては非常にうれしいサイズです。

付属品
  • パネル本体
  • DisplayPortケーブル x 1
  • HDMIケーブル x 1
  • USBケーブル x 1
  • ケーブルカバー
  • リモコン
  • 電源アダプター
  • 電源ケーブル
  • スタンド台座
  • スタンド支柱
  • 説明書類

最近はDisplayPortケーブルが付属しない製品も多い中、本機は充実の付属品です。

横幅は34インチウルトラワイドとして標準的。

スタンドは高さ10cmの調整が可能。

パネル重量は、電源が外付けなので約5.7kgと非常に軽いです。

前後のチルトは5°〜15°で調節可能。

奥行きは約26cmです。

右の首振りは15°まで可能。

スタンドの後ろにはケーブルを通す穴あり。

付属のケーブルカバーを使えば接続部分をスッキリ隠すことができます。

総合的にスタンドの機能は優秀です。

湾曲率は1900Rでほどよく、使っていて違和感はありません。

ゲームと映像鑑賞では高い臨場感を体感できます。

前面の左側にHDRモードの切り替えボタンあり。

ベゼル幅の実測値は約11mmです。

手元で入力切り替えや音量調節などができる多機能リモコンが付属。

設定ボタン類は背面ではなく底面にあるので操作しやすいです。

ただし、リモコンがあるので基本的に使うことはありません。

VESA 100 x 100な汎用モニターアームの取り付けに対応。

電源が外付けなのは好みが分かれそうですが、アダプターは薄型でコンパクトです。

EX3415Rの使い勝手をチェック!

EX3415Rの画質・使用感について次の7つを詳しく解説します。

  1. ぶっちぎりに美しいIPSパネル
  2. リモコンが最高に便利!
  3. 内蔵スピーカー最高!音がいい!
  4. 画面分割機能が便利!
  5. 使いやすいHDR機能
  6. PCゲームで使ってみた
  7. Xboxで使ってみた

① ぶっちぎりに美しいIPSパネル

画質は文句なしの「ぶっちぎり」の美しさ。明るくて宝石のような液晶です。

視野角が広くて斜めから覗き込んでも色あいの崩れないIPSパネルを搭載。

曲率1900Rのウルトラワイドで、パノラマ感と包み込まれるような臨場感を味わえます。

ウルトラワイドだと安いVAパネルの製品も候補になると思いますが、色の再現性はIPSパネルの方が正確です。

ゲーム以外に事務的な作業もするならIPSパネルをおすすめします。

次のような使い方をする人に最適でしょう。

  • 高い臨場感のゲームプレイ・映像鑑賞
  • 動画編集のシーケンス管理
  • 横長のスプレッドシート編集
  • たくさんのウインドウを開く作業
  • などなど

② リモコンが最高に便利!

パネルの底面に各種設定用のボタンとスティックがありますが、まず使うことはないです。

付属のリモコンですべての操作が可能で、すごく便利!

スイッチ類は、リモコンが壊れた時や紛失した時に役に立つでしょう^^;

入力切替やボリューム操作で、わざわざモニターに手を伸ばすことはありません!

他のモニターだと設定スイッチを連打する必要がありますが、EX3415Rなら一発操作でOK!

その他、HDRモード、画面分割、ゲーム画質、サウンドモードの切り替えを手元でサクッと操作できます。

③ 内蔵スピーカー最高!音がいい!

フロントスピーカーはモニターの前面に内蔵されていて音の抜けが良く、聞きやすいです。

サブウーファーは低音が壁に反響して非常に良い感じ。

ほとんどのモニター内蔵スピーカーは「おまけレベル」の品質ですが、EX2710Uは群を抜いて優れています。

もちろん、最高級なサウンド環境には負けますけど、十分すぎる音質。

付属のリモコンで5つのサウンドモードをかんたんに切り替えられます。

  • シネマ
  • ポップ/ライブ
  • FPS
  • スポーツ
  • レーシング

銃声や足音の方向など、サラウンド機能を重視したい時だけヘッドホンを使えば良いでしょう。

④ 便利な画面分割機能

EX3415Rの画面分割機能(PBP/PIP)は非常に優秀です。

  1. 3440 x 1440を半分に分割
  2. 2560 x 1440と880 x 1440で分割
  3. 3440 x 1440とミニ画面のフローティング

上記3つのパターンをリモコンでサクッと切替可能。

①と②の場合、PC側はそれぞれの解像度のモニターとして認識します。

特に②の2560 x 1440のエリアは、27インチWQHD(16:9)のモニターと同じ大きさになるので、かなり使い勝手が良いです。

画面分割してもリフレッシュレート144Hzを維持し、オーディオ入力の切り替えも可能。

PBP/PIP機能は以下のよう使い方をする人におすすめです。

  • ゲーム画面Discordなどのチャットアプリ
  • ゲーム画面配信ルームの確認画面
  • PS5/Xbox画面とゲームの攻略情報

他のモニターのPBP/PIP機能が「おまけレベル」のものが多い中、EX3415Rはズバ抜けて高機能です。

⑤ 使いやすいHDR機能

HDR機能としてはVESAに認証された「DisplayHDR 400」とBenQ独自の「HDRi」という2つのモードが使えます。

明るい部分と暗い部分の明暗差がハッキリと現れて、メリハリのある映像を楽しめるのがメリット。

ただし、HDRは再生するコンテンツによってかなり当たり外れの強い機能で、「HDRの効果がよくわからない」ことが多いです。過度な期待はしない方が良いと思います。

別のモニターです
HDRコンテンツ

しっかりHDRを意識したコンテンツでないと効果を体感できない点は注意。

個人的にはDisplayHDR 1000以上(価格は高いです)が望ましいです。

とはいえ、リモコンでサクッとHDRモードを切り替えられるので、使い勝手的には・・・・・・・すごく良いと思います。

⑥ PCゲームの使用感

ほとんどのPCゲームは21:9の出力に対応しているので、ウルトラワイド+高音質サウンドによる高い臨場感を楽しめます。

リフレッシュレート144Hz、応答速度1msとゲーミングモニターとしての基本スペックが高く、十分すぎる性能です。

デメリットとしてはApex Legendsなどの競技性の高いゲームだと、横に広すぎて画面の隅に潜む敵や、HUD情報を見逃してしまうことがあります。

ウルトラワイドモニターは、以下のようなジャンルのゲームが好きな人におすすめです。

  • レースゲーム
  • フライトシミレーター
  • 競技性の低いアクションゲーム

⑦ ゲーム機の使用感

PS5やXbox Series Xなどのゲーム機は21:9のウルトラワイド表示に対応していません。

デフォルトでは横に引き伸ばした映像になり、慣れるまですごく違和感があります。

モニター側の設定で16:9エリアの表示に変えられますが、画面の両端は黒くなる点は注意。

前述した画面分割機能(PBP/PIP)を使うと16:9のWQHDモニターとして認識するので、ゲーム機との相性はまずまずといったところでしょう。

もちろんPS5/Xboxの120Hzモードに対応しています。

気になった点|デメリット

じっくり使ってみましたが、目立ったデメリットはありません。

あえて、欲を言えば以下の機能があると完璧なモニターだったでしょう。

  • USB Type-C入力
  • リフレッシュレート165Hzに対応

ここまで機能をてんこ盛りにするなら、Type-C入力もあれば良かったのに … と、少しだけ惜しいと思いました。

ゲーミングPCとMacBookを使っている人だと候補から外れてしまうかもしれません。

とはいえ、接続ケーブル次第でどうにでもなる問題なので、致命的なデメリットではないでしょう。

また、最近のゲーミングモニターのリフレッシュレートは165Hzが主流です。

本機は144Hzまでですが、UWQHD(3440 x 1440)もの高い解像度になると、現実的には144Hzもあれば十分です。

欲張ってしまうと惜しいポイントはありますが、欲しい機能が全部入りの100点満点なモニターと言える素晴らしい製品です。

【まとめ】最高峰のウルトラワイドモニター|こんな人におすすめ

ここまでをまとめると、EX3415Rは次のような人におすすめです。

  • 競技性の低いアクションゲームが好きな人
  • レース/フライトゲームが好きな人
  • PCをゲーム以外の作業にも使う人
  • 対戦よりもストーリーや臨場感を楽しむタイプの人

UWQHD/IPS/144Hz/1msと基本スペックに抜かりがなく、さらに2.1chのスピーカーシステムも搭載。

IPSパネルを採用した「ウルトラワイドゲーミングモニターの決定版」と言える製品。

極めて使い勝手が良く、ゲームだけでなく動画編集やWEB閲覧などの普段使いにも向いています。

100点満点の性能で「迷ったらコレ!」と断言できる長く使える万能モニターです。

気になる人はぜひチェックしてください。

\最新価格をチェック/

最大2.5%還元!ゲーミングモニターを格安でゲットしよう!

Amazonをよく利用する人は、Amazonギフト券にチャージしてからお買い物するのがおすすめです。

最大で2.5%還元となり、他のお店で買うより圧倒的にお得

ギフト券という名前ですが、自分用に買って自分で使えます。

  1. 購入金額のAmazonギフト券をチャージする
  2. チャージしたギフト券でお買い物をする
  3. 最大2.5%分のポイントがたまる

購入額の一部をチャージして格安でゲーミングモニターを手に入れよう!
(クレジットカードでチャージもOK!)

無駄なくお買い物ができて、あっという間にポイントがたまります。

▼Amazonギフト券の詳細はこちらからご確認ください。

よかったらシェアしてね!
目次