F750GS 純正トップケースの感想とTOURATECH ZEGA PROトップケース

タンデムする時の背もたれとして購入

F750GSの納車が2019年2月。

その後、半年間ずっとTOURATECHのソフトタイプのキャリアバッグを使用していました。

関連記事:TOURATECHソフトキャリアバッグ ソフトバッグはやっぱり便利!

せっかく買ったものの、当面は妻とタンデムの計画もなく、このままず〜っと部屋の隅っこに鎮座する予定でした。

だがしかし!8月に人生お初の北海道ツーリングへ行けそうなので、荷物の積載容量確保のためにようやく出番が来ました!

で、普段はかっちょ悪くて絶対に付けたく無いトップケースですが、北海道ツーリング当日に付けて気分が萎えるのは嫌なので、精神的な練習がてら取り付けて走ってきました。

お姿

まずは動画をどうぞ!

正直な感想

自分のバイクだからはっきり言ってしまいましょう!

だせえ

テンション下がる

特に容量を拡張した時の姿はそのものです。

運転しているときは見えないから気にならないのですが、ほんと萎えるデザインです。

良い面もある

非常に使いやすいです。

慣れてしまえば、その使い勝手の良さから手放せなくなるでしょう。

そうです。ダメなのはデザインだけなのです!

で、どうする?

GSのようなアドベンチャーバイクは、個人的にアルミの四角いトップケース、パニアケースが一番似合っていると思います。

で、TOURATECHのサイトで前から気になっている商品がコレです。

via TOURATECH

TOURATECHのZEGA Proトップケース25Lです。

コレコレ、私はこういう無骨なデザインが好きなんですよ!

天板にも荷物を縛り付けられるし最高です!

純正トップケースは容量25Lまたは35Lの可変式ですが、正直なところ25Lもあれば十分です。

で、このトップケースを付けるなら専用のキャリアが必要なのですが、対応製品は2種類あるようです。

左が純正キャリアの上に装着するゲタで、右がキャリアごと交換するタイプのものです。

当然右の奴がいいでしょ!

サイズ比較

純正トップケースとTOURATECH ZEGA Proトップケースの比較表です

純正 ZEGA Pro
容量 25L、35L可変式 25L
サイズ 幅:440
奥行:380
高さ:260(320)
幅:400
奥行:315
高さ:180

容量25Lの状態で純正トップケースと比較すると、圧倒的にZEGA Proはコンパクトではないか!!

欲しい!今すぐ欲しい!!

うぉ〜欲しい!と思ってTOURATECHに問い合わせたら、キャリアが8月末に入荷予定との事でした(>_<)

残念。今回の北海道ツーリングには間に合わないのと、そもそも今買うと資金的にかなりキツくなりやす。

せっかくの北海道ツーリングなのに、毎日カップラーメン生活は避けたいです。

で、今回は我慢して来年買えるようにシコシコとお金を貯めます(^_^;)