F750GS、F850GSのナビ選び:HORNING GPSマウントとTOURATECH iBracket

F750GSにベストなナビマウントバー&スマホマウント

まずは動画をご覧ください!

縦配置のトリプルディスプレイが斬新でうっとりしますが、情報確認する時に視線が上下に激しく動くのがデメリットです。慣れますが…

トリプルディスプレイ…少々派手ですが現代のバイクですからこういうのも有りですかねw
F750GSはヘラーソケットがメーター横に付いている為、スマホを給電しながらの使用でも配線を短くできて尚よろしい。

Navigator6の使い道

私は基本的に広域マップの表示とスマホナビの近距離マップの2マップ表示でないと、お初な道や不慣れな道は不安で走ることができませんww

スマホナビの欠点は走行中にズーム機能が使えない。(やれば出来なくもないが私はいろいろ試した結果、諦めました)

Navigator6はナビとしては全く使用せず、広域マップと車体情報の表示だけに使っています。

ハンドルのジョグダイアルでマップのズームイン・アウトが走行中も可能な為、Navigator6の広域マップは重宝します。

地図情報は3年間で2回アップデートできる模様。

HORNING GPSマウント

商品リンク(F850GS用です)

F750GSの場合、ハンドルバーに取り付けるタイプのスマホホルダーだとハンドルを切った時にホルダー部分がガソリンタンクと干渉すると思われたのと、見た目がスマートでは無い為、R1200GSのようにスクリーンにナビマウントバーを取り付ける型がベストだと思いました。

検索するとHORNINGGPSマウントバーが上記要件に合致しました。っていうかコレしかなかったです。

車種専用品のわりには価格もそれほど高くなかった為、迷わずポチって3週間ほど待ち、納車前に納品されました。

F750GSの標準ショートスクリーンだとバーの高さがスクリーン上端より上にはみ出すのが格好悪いので、見た目の調整で純正のロングスクリーンに交換しています。(F850GS用のスクリーンです)

純正ロングスクリーン(ロングでもないけど..w)にするとスクリーンの取り付けステーも交換になり、ボルトの位置がF750GS標準ショートスクリーンの位置と変わりますので、動画でも説明していますが、純正ロングスクリーンに交換している場合はF850GS用のGPSマウントを買う必要があります。

puig等から販売されているF750GS用ロングスクリーンを購入した場合はこの限りではありません。

TOURATECH iBracket

ものすごく使いやすいスマホマウントです。

回転も自由自在で作りもしっかりしています。

少々高いですが、価格以上の使い勝手でオススメです。

HORNINGGPSマウントのバーは直径が12mm程度で、R1200GS LCのマウントバーと同じです。

バーの直径が細くて使い勝手が悪く、Amazon等で販売している汎用のスマホマウントではバーの直径が細すぎてうまくマウントできません。

スマホのサイズさえ合えばiBracketを買ってしまうのが手っ取り早くて良いです。

ちなみに私が使っているiBracketiPhone7, 8用で、スマホはGalaxy SC-04Jです。サイズはピッタンコです。

以下の動画もオススメですw