F750GS シンコータイヤ E804/E805レビュー

F750GSにSHINKOのE804(前)/ E805(後)を装着して林道、峠道、高速道路を走ってみた感想です。

このタイヤの性能はオフロード60%、オンロード40%で、バイアスです。(メーカー製品紹介ページはコチラ

履き替えてからの走行距離は1,500km。

林道はダート区間を約50km(6kmほどの道を8回)、走った後の感想です。

追記)7,000km走行後に前後交換しました。詳細は記事を読んでください。

取り回しなど

取り回し・振動・ロードノイズ

重たいF750GSですが、停車時からの押し引き取り回しは、特に変わらず重いです^^;

押している時と走り出し時に、ゴツゴツとタイヤのブロックを感じます。

ロードノイズは一般道、高速共に気になりません。

多分ANAKEE3よりもノイズは大きいと思うのですが、すぐに慣れます。

というか、もうANAKEE3の感覚を忘れてしまいました。すぐに忘れてしまうくらいの微妙な差です。

一般道・高速走行

F750GS納車時に履いていたANAKEE3と比べると、交差点等の極低速域では全然寝ません^^;

すぐに慣れますがANAKEE3と比べると、ブレーキも効きが若干弱いです。

オフタイヤは曲がらない・止まらないと思って運転した方が良いでしょう。

高速走行時のレーンチェンジは全く問題なしです。

注意

▼1点注意しなければならない事は、標高の高い場所で遭遇する縦溝(グルービング)地帯です。

まっすぐ走れない、寝ない、ブレーキが効かない…と最悪なので徐行必須です。

林道

ANAKEE3の時に林道を走っていないので厳密な比較ができないのですが、過去にR1200GSA LC+ANAKEE3で林道を走ったことがあります。

その時は前輪が滑る恐怖を何度も体験しました。2度とオンロード向けタイヤで林道は走ってはならない…と悟った次第です。

F750GSは車重が重たいので比較的安定していますが、深い砂利とぬかるみ地帯の走破性が少し不安定です。

前輪が予期しない方向へ持っていかれる傾向があります。

この辺り、走破性能の高いフロント21インチなF850GSだったら安定するんだろうなぁ…と最近うらやましく思っています^^;

感想としては、ガレた場所は車重が重すぎるので注意!フラットな林道ならカッ飛ばさなければ問題なし!です。

峠道

最初はコーナーで寝かしにくいと感じていたのですが、すぐに慣れました。

全体的にグリップ感が弱くて頼りない印象です。

コーナー脱出時の加速感は、ANAKEE3よりも大分落ちます。

少し多めに回せばANAKEE3と同じペースで走れますが、燃費が落ちまくりです(><)

常識的な速度なら、峠道でも全く問題なく楽しめます。

▼峠道を頑張って走っている動画

燃費

想定通り燃費は落ちました(><)

リッター2Lは間違いなく落ちます。

ライフ

7,000km走行後に交換しました(長距離ツーリングを予定していたので早めの交換です)。

実際は9,000kmまで走れると思いますが、ダート走行は6,000kmくらいで山がだいぶ減って危険レベルになります。

その後、惰性でオンロードを3,000kmくらい走って交換 … って感じでしょう。

ギャラリー

ダートを50kmほど走行後の汚れ具合です。

まとめ

林道を少しでも走るなら、このタイヤは検討の価値アリです。

価格は前後+工賃込みで25,100円でした(東京都世田谷のスピードスターにて)。

デメリットは燃費が落ちる事ですが、私は価格の安さと相殺できるかなと思います。

峠も林道も走れる万能タイヤ。

なによりオフタイヤにすると、見た目がカッチョよくなります。

アドベンチャーバイク乗りなら、一度は試す価値のあるタイヤです。