AMD FreeSync規格のまとめ FreeSync Premium Proとは?

ディスプレイ同期技術であるAMDのFreeSyncですが、最近になってFreeSync Premium Proという文言を見かけるようになってきました。

FreeSync、FreeSync2、FreeSync Premiumの違いとは?

わかりにくいFreeSync規格についてまとめてみました。

ディスプレイ同期技術とは?

AMDのFreeSyncやNVIDIAのG-Sync(Compatibleを含む)は、簡単に言ってしまうと「なめらかでちらつきの少ない映像を表示する技術」です。

FreeSyncはAMDのRADEONグラフィックスカードを搭載したパソコンと、FreeSync対応モニターを組み合わせたときに上記の効果を発揮します。

FreeSyncの種類

2020年6月時点のFreeSync規格は3種類あります。

  • FreeSync
  • FreeSync Premium
  • FreeSync Premium Pro(旧FreeSync2)

従来のFreeSync2とFreeSync Premium Proは同じもので、2020年のCES 2020で名称が変わっています。

そして新たにFreeSync Premiumという層が追加されました。

ベースとなるFreeSyncは、ちらつき補正(ティアリング補正)とレスポンス補正(低レイテンシ補正)を行います。

簡単に言ってしまうと「ちらつきのないスムーズなゲーム環境を実現さる技術」のことです。

▼FreeSync PremiumとPremium Pro(旧FreeSync2)は、ベースとなるFeeSyncに以下の機能を追加。

FHD 120Hz以上の最適化 LFC対応 HDR対応
FreeSync
FreeSync Premium
FreeSync Premium Pro
(旧FreeSync2)

FreeSync Premium以上になると、FHD(1080p、1920 x 1080)でリフレッシュレート120Hz以上を出せるPCパワーが必要です。

LFCとは「Low Framerate Compensation」の略で、フレームレートが極端に低くなったときの同期技術のこと。

LFCもわかりにくいのですが簡単にまとめてしまうと、モニターには対応できる最低値のリフレッシュレートがあり、それを下回ったときにFreeSyncの効果がなくなって、映像がカクついてしまうのを防ぐ機能です。

ゲーミングモニターはリフレッシュレートが144Hz以上に対応している製品が多いので、AMDのRADEON GPUを使っている人は「FreeSync Premium」に対応したモニターを選ぶべきでしょう。

▼各メーカーから販売されているモニターの対応するFreeSyncバージョンはコチラで確認できます。

https://www.amd.com/ja/products/freesync-monitors

FreeSyncに対応したGPUとは?

AMDのFAQページによると、FreeSyncに対応したGPUは2013年以降に発売されたRADEON RX200シリーズ以降の全てのGPUで対応しています。

つまり中古品を除く、現在販売されているGPUカードなら問題ありません。

FreeSync Premium、Premium Proに対応したGPUは?

GPUは先に述べたRADEON RX200シリーズ以降なら全てOK。

FreeSync Premium、Premium Proに対応するかどうかは、モニター側の性能で決まります。

しかしFreeSync Premium以上になると、FHD(1080p、1920 x 1080)でリフレッシュレート120Hz以上のパワーを出せるPC環境が必要です。

また、GPUのドライバーは最新のものにしましょう。

参考になる記事・資料

▼各メーカーから販売されているモニターの対応するFreeSyncバージョンはコチラで確認できます。

https://www.amd.com/ja/products/freesync-monitors

▼FreeSyncの基本的なことはコチラの記事がわかりやすいです。

https://ascii.jp/elem/000/001/756/1756116/

▼FreeSync 2についての解説。

https://www.4gamer.net/games/295/G029549/20181128128/

▼最新のAMD RADEON Software(ドライバー)

https://www.amd.com/ja/support