フロンティア GH Ryzen 7 5700X+RTX 3080レビュー|FRGHB550/WS5

CPURyzen 7 5700X
CPUクーラー空冷
トップフロー式
GPUGeForce RTX 3080 10GB
メモリ32GB DDR4
空きスロット2
ストレージ1TB M.2 NVMe SSD
空きM.2スロット1
マザーボードASRock B550 Phantom Gaming 4
B550チップセット
電源850W
80PLUS GOLD
サイズ mm
(高さ x 幅 x 奥行き)
465 x 200 x 470
ミドルタワー

コスパの良いハイクラスCPUのRyzen 7と、プロゲーマーに人気のRTX 3080を搭載。

デザイン性・冷却性・拡張性の高いミドルタワーケースを採用。

大容量の32GBのメモリを搭載し、ゲームだけでなくクリエイティブな作業もサクサクこなせるPCです。

※フロンティアはヤマダ電機グループのPCショップです

ケース

ケースは高さ46.5cmのミドルタワーで、サイドは強化ガラスパネルを採用。

ガラス下部にはRGB-LEDラインを配置していて、専用ソフトでライティングも楽しめるようになっています。

前面と背面に大型ファンを搭載し、配線と電源を分けて配置することで効率的なエアフローを実現。

前面には細かいホコリの侵入を防ぐ1mm口径のメッシュパネルを搭載し、取り外してサッとメンテナンスもできるハイグレードなケースです。

奥行きは47cmで内部の空間には余裕があり、大型の水冷クーラーやGeForce RTX 3090クラスのハイエンドビデオカードも収納可能。

ハードディスクなどを増設する内部ドライブベイは以下のようになっています。

  • 3.5インチ内部 x 2
  • 2.5インチ内部 x 2

ケースの天板には電源ボタンのほかにUSB Type-Aを2ポートと、マグネット式のダストフィルターを装備。


電源ユニットは日本製コンデンサーを採用し、このクラスのPCとしてはかなり余裕のある850W 80PLUS GOLDを搭載。

たくさんのストレージ追加や、キャプチャーボードなどの拡張カードを搭載しても電源容量不足になることはないでしょう。

また、将来的に自分でグラボを交換しても十分に余裕のある性能です。

マザーボード

ゲーミングPCの基礎パーツになるマザーボードにはASRock製のB550 Phantom Gaming 4が採用されています。

ゲーマー向けのマザーボードで、耐久性の高い製品です。

超高速なPCIe 4.0 x4対応のM.2スロットを1つ(1TB NVMe SSDで使用済み)。

また、NVMe SSDの増設で使えるPCIe 3.0 x2のM.2スロットを1つ搭載。

メモリスロットは計4本で、最大64GBまで増設可能(空きスロット2)。

USBはType-A x 6ポートとなっています。

他の多くのBTOショップでは、使用するマザーボードの型番まで公開していません。

フロンティアのようにマザーボードの型番まで公開しているショップは珍しいです。

パーツに詳しい人にとっては、購入前にどのくらいの性能なのか分かるので安心ですね。

CPU性能|Ryzen 7 5700X

AMD Ryzen 7 5700Xは8コア16スレッド(8C16T)、最大4.6GHzのパワーを持っています。

上位の5800Xに迫るパフォーマンスでありながら、消費電力(TDP 65W)を抑えたコスパの良いフルスペックCPUです。

競合するインテルのCore i7-12700より性能は劣るものの、ゲーミングパフォーマンスは体感できるほどの差はありません。

ゲーム、普段使い、実況配信のような使い方なら、Ryzen 7 5700Xの方がPCの価格も安くてコストパフォーマンスが良いです。

3DCG作成や放送レベルの映像作成など、プロレベルのクリエイティブ作業もする人ならCore i7-12700の方がおすすめとなります。

グラフィック性能|RTX 3080

スクロールできます
GPU論理性能
FP32 TFLOPS
TDP
熱設計電力
PCの価格
9月調査
RTX 3090Ti40450W63万〜
RTX 309035.58350W36万〜
RTX 3080Ti34.1350W32万〜
RTX 3080 12GB30.6350W24万〜
RTX 3080 10GB29.77320W24万〜
RTX 3070Ti21.75290W20万〜
RTX 307020.31220W20万〜

下位モデルのRTX 3070Tiより性能の上がり幅が良く、消費電力も大きく変わらないのがポイント。

上位モデルは性能は良いものの、PCの価格が30万を超えるので、簡単には手を出しにくいと思います。

また、RTX 3080にはビデオメモリ12GBモデルもありますが、消費電力が高いわりに性能の伸びが悪いです。

「性能」「消費電力」「価格」のバランスが良いハイエンドGPUが「RTX 3080 10GB」と言えるでしょう。

ゲーム性能

フルHD解像度での参考フレームレート(単位:fps)

タイトルゲームの重さ最高設定高設定
レインボーシックスシージ390以上390以上
VALORANT390以上390以上
Apex Legends250340
フォートナイト245330
PUBG200280
エルデンリング6060が上限
アサシンクリード バルハラ100160
サイバーパンク2077100160

快適に遊べる目安として、Apex Legendsなどの対戦ゲームならフレームレートは「120fps以上」が理想的

ガッツリやり込んで上位ランクを狙うなら200fps前後あると狙い撃ちがしやすいです。

競技性の低いゲーム(シミュレーション、アドベンチャーなど)なら60fpsあればOKです。

フルHD〜4Kまでサクサクこなせる性能で、苦手な解像度がありません。

ビデオメモリは10GBもあるので、ゲームのグラフィックオプションを「てんこ盛り」にして美麗な映像を楽しむことが可能。

レイトレーシングも実用的に使える高性能マシンです。

実際のRTX 3080の使用感についてはこちらの記事も参考にしてください↓

おすすめカスタマイズ

カスタマイズなしでも基本性能が高いPCですが、注文時に以下のカスタムをするとさらに快適になります。

  • SSDの容量増し

標準搭載の1TBもあれば、当面は容量不足になることはありません。

ただし、ゲーム以外に動画配信など多目的に使う予定の人は、1TBだと意外に早く容量が足りなくなります。

メインのSSDを「超高速タイプに変更して容量を2TB」にすれば、爆速マシンとしてかなり長く使えるでしょう。

詳しくないと難しい作業なので、注文時にカスタムしてしまうのが手っ取り早いです。

競合モデルとの比較

スクロールできます

フロンティア
GHシリーズ

ドスパラ
XA7R-R38
CPURyzen 7 5700XRyzen 7 5700X
GPURTX 3080RTX 3080
メモリ32GB16GB
ストレージ1TB1TB
電源850W750W
高さx幅x奥行465x200x470480x220x440
出荷目安5〜10日翌日〜3日
価格245,800円279,980円
詳しく見る詳しく見る

有名BTOショップ「ドスパラ」の構成が似ているPCと比較。

総合的にフロンティアの方が高性能にもかかわらず、価格は1万円以上の差があります。

電源についてですが、「750Wのドスパラの方が省電力! 」… というわけではないです。

CPU/GPU/メモリなど、パーツ構成が同じなら消費電力に違いはありません。

電源容量が少ないと、いろいろなパーツを後付けした時に電力不足でPCが不安定になることがあります。

ドスパラが優れているポイントとしては、「翌日〜3日以内に出荷」というスピード感。

フロンティアの「5〜10日」での出荷は、他の多くのショップと同じで標準的です。

品質についても汎用的なPCパーツを使っているので差はありません。

両方とも良いPCですが、選ぶポイントとしては次のようになると思います。

  • スペックと価格重視=フロンティア
  • 高くても早く手に入れたい=ドスパラ

まとめ|こんな人におすすめ

フロンティアGH Ryzen 7+RTX 3080モデルは、高性能でありながら他のショップよりも圧倒的な安さが特徴です。

数年に渡って最新のゲームを遊び尽くせる余裕のスペック。

25万円クラスでもっともパフォーマンスの高いゲーミングPCをお探しの人におすすめです。

気になる人は、公式サイトもチェックしてください。

台数限定なのでお早めに!