ファンレス小型・無音PC CHUWI 後期型HeroBOXレビュー

CHUWIのファンレスで無音な小型パソコン「HeroBOX」を買ってみました。

2020年8月28日以降の出荷分からSSDの容量が180GB→256GBに変更され、ACアダプターが小型化されています。

使ってみた感想は、限定的な使い方ならパーフェクトなPC!

バッチ処理やホームサーバーに最適なパソコンでした。

場所も取らず、何より無音なのがステキです。

※この記事では2020年1月に発売されたHeroBOXを初期型。2020年8月28日以降を後期型と記述しています。

それではHeroBOXを見てみましょう。

CHUWI(ツーウェイ)ってどんな会社?

出典:CHUWI(画像クリックでメーカーホームページへ)

まず最初にCHUWIって怪しいメーカー?っと思ったので調べてみました。

ずっとチューイーと呼んでましたが、「ツーウェイ」が正しい読み方でした^^;

私は怪しい中華メーカーの製品は、極力買わないようにしています。

理由は単純に、独創性のないパクリ製品が嫌いだからです。

私情が入って恐縮ですが、価格が高くてもコピーではなく、オリジナルを買います。

それでも、隙間市場を狙った良い製品を出す中華メーカーも存在します。

CHUWIはそのようなメーカーでした。

ホームページをチェックすると、創業は2004年と意外にも古いメーカー。

タブレット・ノートPC・ミニPCに特化したメーカーのようです。

日本法人はありませんが、ホームページを見る限り、綺麗な日本語で怪しさは全くなし。

保証体制もしっかりしているようですが、どの程度まで対応してくれるか不明です。

個人的な感想ですが、HeroBOXのような安くて壊れにくい製品なら、個人で使う分には問題ないメーカーと思われます。

なにより安価なファンレス小型PCは、調べた限りコレ以外に見当たらないので、見事にニッチ市場を掴んでいると言って良いでしょう。

つまり、パクリではなく、完全オリジナル製品です。

HeroBOX スペック

▼主要スペックの抜粋です。

発売年月 後期型:2020年8月
(初期型:2020年1月)
価格(2020年9月調査) 26,500円
OS Windows 10 Home(Linuxにも対応)
CPU Celeron N4100
4コア4スレッド 4MBキャッシュ
1.1〜2.4GHz
メモリ 8GB
ストレージ 後期型:256GB SSD
(初期型:180GB SSD)
2.5″ HDD/SSD増設可能
Wi-Fi IEEE802.11ac
インターフェイス USB Type-C、3.0 x 2 、2.0 x 2、HDMI、VGA、有線LAN、Micro SD、Bluetooth4.0
サイズ(実測値) 幅:188mm
奥行:140mm
高さ:32mm
重量(実測値) 492g

※TYPE-Cはビデオ出力不可能

その他のスペックはCHUWIの製品ページをご確認ください。

HeroBox開封チェック

▼パッケージ。中華品にありがちな凹み無し

▼パッケージ側面

▼筐体の見た目は、まるでシンクライアント端末。これでWindowsが動くのは素晴らしい。XBOXのコントローラーは大きさ比較用

▼STICK型PCとの大きさ比較

CHUWI HeroBOX

▼前面のインターフェイス。TYPE-Cはビデオ出力不可能

▼背面のインターフェイス。左端にあるリセットボタンが何気に便利

▼付属品。VESAマウント取り付けパーツも付属。マニュアルはペライチの多言語表記(日本語あり)

▼小型化されたアダプター(iPadのアダプターと比較)

▼ACアダプターのスペック(24W)

▼背面

▼背面の下部に内蔵SSD容量のプリントあり

▼背面のドアを開けると2.5インチドライブベイがあるので、1台増設が可能。

▼システムのプロパティ(残念ながらWindowsのエディションはHome)

▼デバイスマネージャー

ベンチマーク

CPUとSSDのベンチマーク結果です。

CPU

Passmarkを使ったベンチマーク。CPUスコアは2102。

SSD

CrystalDiskMarkの結果。一般的なSSDの速度でしょう。


その他、詳細なベンチマークは初期型と同じと思われます。

他のサイトで恐縮ですが、PC-Watchの記事がベンチマークや分解画像等、よくまとめられてますので参考にしてください。

HeroBOXの特徴・3選

実際に使って感じたHeroBOXのメリットは3つあります。

①小型・ファンレス設計

内部に冷却用のファンが1つもないので無音です。

もちろん埃も吸い込まない。

小型・軽量なので、設置場所はかなり自由です。

②省エネ(電力消費量)

▼1日にかかる電気代は1.87円でした。29kwhで算出しています。

③高い拡張性

周辺機器をたくさん繋いで使うPCではありませんが、不足しているインターフェイスはないでしょう。

HeroBOXの欠点・2選

私が感じたHeroBOXのデメリットは2つだけです。

①OSがWindows 10 Home

リモートデスクトップで使うには、WindowsのエディションをProにアップグレードする必要があります。

個人的にはコレが痛かったのですが、価格が安いので仕方ないでしょう。

②動画コンテンツに少し弱いかも

YoutubeやWEBサイトの中に動画コンテンツが入っていると、動画の再生開始時に一瞬カクつきます。

動画がず〜っとカクカクしているわけではないので、個人的には許容範囲。

なお、ブラウジングや文字入力等の軽い作業なら、全く問題ない使用感です。

HeroBOXの活用例

このようなニッチな製品を選ぶ人は、すでに使い方が決まっていると思いますが、私の使用例を紹介しましょう。

OSをWindows 10 Proにして、Macからリモートデスクトップで使用しています。

ちなみに、MacからWindowsをリモートする時に、必ずキーボードの日本語変換設定でハマります。

▼対応方法はこちらの記事を参考にしてください。

関連記事 MacからWindows10(1909)のリモートデスクトップで日本語入力切替を可能にする確実な設定手順

HeroBOXの設置例

Windowsの設定だけしてしまえば、モニターに繋ぐ必要なし。

Wi-Fiを使えば設置場所はかなり自由です。

▼私は24時間稼働状態で、家具の隙間に放り込んでます。

ラジオサーバーとして

Radikoolというアプリを使ってラジオのスケジュール録音をしています。

録音したファイルはDropboxへ書き出して、MacやiPhoneで再生したりしてます。

チャンネルによって放送開始時間がまちまちなので、PCは24時間稼働していた方が良いです。

ブログ、Youtube、Twitterのアクセス解析マシンとして

GRCというアプリで、運営しているサイトの検索順位分析に使っています。

▼定時に処理を開始するバッチ系アプリですが、これもHeroBOXのような放置できるマシンで動かした方が便利です。

●Chromeブラウザを開きっぱにして、ブログ・Youtube・Twitterのアナリティクス、Google Search Console等の解析ツールをHeroBoxで使っています。

上記のようなツールは、メインマシンで動かすと気になって他の作業に集中できないので、あえてHeroBOX上で動かしています^^;

その他の活用方法

▼滅多に使わないバイク用ナビゲーションアプリ、インカムのアップデートアプリ、ルーターの管理アプリを入れています。

こういった小回りの利くアプリは、MacよりWindowsの方が便利です。

HeroBOXはこんな人におすすめ

次のような用途であれば、HeroBOXはかなり長く使えるマシンです。

  • ブラウジング、動画鑑賞、文字入力などの軽い作業
  • スティックPCの置き換え
  • 軽いバッチ処理専用マシン
  • 埃っぽい場所での使用
  • 各種サーバー利用

特にサーバーとしての利用価値は高いでしょう。

バッチ処理サーバー、プリントサーバー、NASコントローラーとして十分な性能を持っています。

HeroBOXが苦手なこと

レトロなゲームはできると思いますが、最近のゲーム(ブラウザゲーム含む)はやめた方がいいです。

HeroBOXのまとめ

限定的な用途であれば、かなり使えるマシンです。

可動部品がないので故障率も低いでしょう。

CPUはCeleron N4100という低価格ノートPC用のチップですが、4コアで底力はある感じ。

無音でコンパクトなミニPCを探している方は、検討の価値ありです。

尚、2020年8月現在、ライバル製品は存在しません。

▼実売価格は26,500円程度ですが、Amazonならたまに3,000円引きのクーポンが付くのでお得です。