マウスHL-B|Core i5-12400+ RTX 3060

CPUCore i5-12400F
CPUクーラー空冷
トップフロー式
GPUGeForce RTX 3060 12GB
メモリ16GB DDR4
空きスロット0
ストレージ512GB M.2 NVMe SSD
空きM.2スロット0
電源700W
80PLUS BRONZE
サイズ mm
(高さ x 幅 x 奥行き)
285 x 178 x 395
ミニタワー

ミドルクラス最強CPUの第12世代Core i5と、フルHD/WQHD解像度に強いRTX 3060を搭載。

ゲーム、普段使い、動画・写真編集など、多目的に使えるゲーミングPCです。

持ち運びのしやすい取手付きのケースを採用。

小さいPCのわりにストレージを計5台も内蔵できる上に、メンテナンス性も高いPCです。

大きくて無骨なデザインのタワー型PCが苦手な人や、PCの設置場所に困っている人に最適。

ゲーム機からのステップアップにも「ちょうどいい性能」です。

外観と内部

↑見た目はシンプルでカッコいいです。赤いLEDは電源に連動しています。

↑左の巨大なPCは一般的なミドルタワー型です。

マウスHL-B/EL-B/PL-Bシリーズの高さはPS5よりも低く、Xbox Series Xとほぼ同じ。

かなりコンパクトです。

↑奥行きは39.5cmで、ミドルタワーケースよりも短いです。

ゲーム機よりは奥行きがあるものの、高性能な大型グラフィックボードが搭載できるので仕方ないですね。

↑ハンドルはラバー加工されていて滑りにくく、かなり握りやすいです。

片手でひょいっと持ち上げられて、すごく便利。

↑右側に電源ボタン、USB x 2、ヘッドホン、マイク端子。

↑背面は以下のようになっています。

  • 電源入力
  • 9cm排気ファン
  • USB 3.0 Type-A x 2
  • USB 2.0 Type-A x 2
  • USB Type-C x 1
  • オーディオ入出力
  • DisplayPort x 3
  • HDMI x 1

↑右側のサイドカバーを開けると、2.5インチのドライブベイが1つ。

↑左側のサイドカバーを開けると、12cmの冷却ファンを搭載したカバーがあります。

↑ファンカバーを開けた状態。右側は追加ドライブベイ。

電源は汎用的なATX電源です。写真の電源サイズは150 x 140 x 86mmと一般的な大きさ。

詳しい人ならより大容量の電源に換装可能です。

↑ドライブベイは3.5インチ x 1、2.5インチ x 2

かなり拡張性の高いケースです。

↑グラボのサイズは30cm以上の大型タイプも搭載可能

↑マザーボードはMini ITXサイズで、写真のはASRockのB660 ITXです。

基本的には全モデルで以下の仕様になります。

  • メモリスロット x 2(装着済み)
  • M.2 スロット x 1(NVMe SSDが装着済み)
  • Wi-Fi6搭載

メモリとM.2スロットの空きがないので、使用目的によっては注文時にカスタムしてしまうのが良いです。

CPUのファンはトップフロー式で、左側の9cmファンから熱を排気しています。

↑底面からも吸気するケースですが、ホコリを吸い込まないようにスライド式のフィルターを装備。

簡単に外せて水洗いができるようになっています。

CPU性能|第12世代Core i5-12400F

Core i5-12400Fはインテルの第12世代CPUで、6コア12スレッド(6C12T)、最大4.4GHzのパワーを持っています。

6コア12スレッドCPUの中で最強の性能を持っており、ゲームと普段使いの他に実況配信などの重たい処理も得意。

8コア16スレッド以上のハイスペックモデルには劣るものの、バリュー価格帯の中で最もコスパの良いCPUです。

グラフィック性能|RTX 3060 12GB

RTX 3060はミドルクラスのグラフィックボードです。

最大の特徴は12GBもの大容量ビデオメモリを搭載していることで、主に次のような特徴があります。

  • テクスチャをたっぷり盛った超美麗な映像のゲームプレイ
    ∟ ビデオメモリが必要なWQHD解像度に強い
    負荷が上がるのでフレームレートは下がる
  • 動画編集・写真現像などのクリエイティブ作業

ゲーミング性能は上位のRTX 3060Ti/RTX 3070よりも低いですが、普段使いならRTX 3060の方が強いです。

また、下位モデルのRTX 3050より「かなり性能の上がり幅が良い」のもポイントです。

ゲーム性能

フルHD解像度での参考フレームレート(単位:fps)

タイトルゲームの重さ最高設定高設定
レインボーシックスシージ260350
VALORANT250340
Apex Legends140210
フォートナイト130190
PUBG105165
エルデンリング6060が上限
サイバーパンク20776080

快適に遊べる目安として、Apex Legendsなどの対戦ゲームならフレームレートは「120fps以上」が理想的

ガッツリやり込んで上位ランクを狙うなら200fps前後あると狙い撃ちがしやすいです。

競技性の低いゲーム(シミュレーション、アドベンチャーなど)なら60fpsあればOKです。

表に載っていないゲームのほとんどが「軽量〜中量級」に入ります。

画質のレベルは一つ落とした「高設定」でも十分に美しい映像です。

4K解像度でのゲームは平凡なスコアですが、フルHD/WQHDならフレームレートが120fpsに制限されているPS5よりも高いパフォーマンスで遊べる性能です。

おすすめカスタマイズ

HL-Bのおすすめカスタマイズは1つだけです。

・SSDを1TBに交換

初期状態のストレージ容量は512GBとなっています。

最近はApex Legendsなど無料で遊べる大型ゲームがたくさんあるので、いろいろなゲームを遊びたい人は1TB以上に容量を増やすことをおすすめします。

HL-Bには2.5インチと3.5インチの追加ドライブベイが豊富にありますが、ストレージ速度は標準装備の512GB NVMe SSDがもっとも早いです。

2.5インチのストレージを追加するより、標準SSDを大容量タイプに交換することをおすすめします。

まとめ|こんな人におすすめ

マウスHL-Bは、他のメーカーにはない小型サイズで拡張性の高さが特徴です。

本製品は次のような人におすすめです。

  • 小型でスタイリッシュなPCを探している人
  • PS5よりも高性能なゲーミングPCが欲しい人
  • ゲームと普段使いで快適に使えるPCを探している人

気になる人は、公式サイトもチェックしてください。