【図解】mixhostで始めるWordPressを使った収益化ブログの始め方

無限アル・パカ
WordPress(ワードプレス)で収益化ブログを始めたい
難しそうだし、どのくらい初期費用がかかるの?

上記の悩みを解決します。

図解付きなので手順通りやればOK。

レンタルサーバー等の契約から、全ての設定完了まで1時間ほどの作業です。

WordPressの設定自体は10分もあればOK。楽勝です。

費用について

最初に気になる費用について説明します。

収益化ブログを始めるには、次のお金が最初に必要です。

価格はレンタルサーバーにmixhostを選定した場合ですが、他の業者を選んでも大体同じ。

ドメイン取得費 308円〜 インターネット上の住所取得費用
レンタルサーバー契約費 4,862円〜 ブログを動かす土地の費用
WordPressテーマ購入費 0円〜20,000円程度 ブログのデザイン費用

上記のように初期費用は目安として5,170円以上かかり、このほかに月々にかかる経費が1,000円程度です。

詳しくは手順の中で解説します。

作業項目

収益化ブログを始めるには、次の5項目を図解通りにこなせばOKです。

  1. ドメイン取得
  2. レンタルサーバーの契約
  3. ドメインとレンタルサーバーの紐付け
  4. WordPressのインストール
  5. WordPressの初期設定

1)ドメイン取得

ドメインの予備知識

ドメインとはこれから作るサイトのURL(インターネット上のアドレス)のことです。

当ブログで言うと「pacosadventure.com」のことをドメインといいます。

ドメイン名は既に取得されていなければ何でもOKですが、次のことは注意した方が良いでしょう。

  • あとから変更不可能
  • 名前は短めの方が良い
  • .comを選ぼう

ドメイン名は後から変えられないので、慎重に考えましょう。

とは言え、あまり考えすぎも良くないです。

運用上はあまり重要ではないので、サクッと(でも慎重に!)決めてしまいましょう。

そして長い名前にすると覚えづらいので、短めのシンプルな物にする事をお勧めします。

(私は長めにしてしまったので失敗したと思っています^^;)

▼末尾の.comの部分ですが、他に.netや.jp、.site、.work等いくつか選べます。

一見「.work」や「.site」は1円〜60/円程度の料金なので手を出しがちですが、年次の更新料金がバカ高い(4,000円程度)ので絶対にヤメましょう。

(安いドメインは、1年間限定のテストサイトのような物を作成する時に使えます。)

.comはパッと見で(根拠はありませんが)信用があるように見えるのと、年次更新料が妥当な価格(1,400円程度)なのでお勧めです。

ドメイン契約

ドメインの取得は「お名前ドットコム」がお勧めです。

他社のサービスでもほとんど内容が同じなのですが、価格が妥当+大手なので安心です。

まずは「お名前.com」にアクセスします。

▼希望するドメイン名称を入力して「検索」をクリック。

▼ドメイン末尾の文字列「.com」を選択し、「お申し込みへ進む」をクリック。

次の画面では、不要なオプションがチェックされていない事を確認(理由は長くなるので割愛します)。

  • サーバーの同時申込:利用しない
  • 年数:1年登録
  • Whois情報公開代行メールオプション:不要
  • ドメインプロテクション:不要

▲▼上記を確認したら、同じ画面の右側にメールアドレスとパスワードを入力して「次へ」をクリック。

▼アカウント作成の追加項目を入力して「次へ進む」をクリック。

▼支払い情報を入力して「申し込む」をクリック。

▼次に出てくる広告画面は「申込まない」をクリック。

申し込みは以上ですが、お名前.comより登録したアドレスへメールが何通か届きます。

その中の…

【重要】【お名前.com】ドメイン情報認証のお願い

を開いて、メール内のアドレス(URL)をクリック。

以上でドメイン作成は完了です。

2)レンタルサーバーの契約

レンタルサーバーの予備知識

次にブログを動かすサーバーをレンタルする必要があります。

サーバーってなんぞや?って方もいるかもしれませんが、単純にブログを動かすネット上の土地です。

これから借りる土地に、先ほど取得したドメイン(インターネット上のアドレス)を紐付けるとサイトを作れます。

レンタルサーバー業者はたくさんあるのですが、メジャーなところは「エックスサーバー 」か「mixhost」です。

上記2つのサーバーのメリットは安くて応答速度が速いこと。

有名なブロガーさんも、大体は上記2つのサーバーのどちらかを使っています。

▼さらっと両者を比較するとこんな感じです。優れている点を赤字にしています。

エックスサーバー mixhost
初期費用 7.260円 3ヶ月分 4,554円 3ヶ月分
34,848円 36ヶ月分
(費用内訳) 初期費用 3,300円
初回3ヶ月契約 3,960円(1,320円/月 x 3)
4ヶ月目以降、1,100/月〜
初期費用 0円
3ヶ月契約 4,554円(1,518円/月 x 3)
36ヶ月契約(968円/月 x 36)
ディスク容量 200GB 250GB
制限事項 アダルトは禁止 アダルトOK

エックスサーバーのメリットは、4ヶ月目から1ヶ月毎の支払いが可能。

mixhostは最低でも3ヶ月契約を続ける必要があります。

mixhostの方が制限事項が少なく、長期契約で安くなるのでお勧め。

mixhostは料金を前払いしておくことで、自分にもしもの事態が訪れても(死亡した時です)前払いクレジットを月々消費しながら運用が続けられます(最大50万円のクレジットが可能)。

収益化できているブログは、自動販売機のような物です。

記事の内容にもよりますが、数ヶ月〜数年は放置していても勝手に売上げが立ち、お金が振り込まれてきます。

つまり、収益化ブログは資産です。

残された家族のためにもmixhostをお勧めします。

必要経費として36ヶ月契約を強くお勧めしますが、月払いから始めて軌道に乗ったら3年契約に変更するのもアリです…が…

収益化できれば初期費用など、あっという間に回収できます。

3年分前払いしてしまえば、もう後には引けません。

あなたの情熱・覚悟次第ですが、最初から逃げ道を作ったら絶対に負けます

自分を追い込む意味でも36ヶ月契約がお勧め。

私はケチって当初エックスサーバーを借りていたのですが、ブログの収益化には長期で勝負する必要がある事を痛感し、途中でmixhostへ引っ越しました。

関連記事 収益化ブログを1年6ヶ月運用してみた結果

もちろん36ヶ月契約です。

サーバーの引越しはマジで面倒です。ある程度の専門知識がないと自力ではできません。

▼エックスサーバーからmixhostへ引っ越した時の記録はこちら

関連記事 【2020年最新】XSERVERからmixhostへの確実な移行手順と失敗談 WordPress編

と言うことで、mixhostを前提に説明しますが、エックスサーバーや他のサーバーでも似たような物ですので、適宜読み替えて契約と設定をしてください。

レンタルサーバー契約手順(mixhost)

mixhostのサイトへ行き「今すぐmixhostをお申し込み!」をクリック

▼プランは一番安い「スタンダード」でOK。

▼次の画面で中央の「他者管理のドメインを持ち込む」欄に、お名前.comで取得したドメイン名を入力して「使用する」をクリック。

▲上のやり方はいくつかパターンがあります(人によって違います)。

ドメインはお名前.comで取得したので、一番上の「新規ドメインを取得する」は不要。

ここで新規ドメインを取得すると、お名前.comよりドメイン取得料が高くなります。

この項目は、ドメイン管理とサーバー管理をまとめてmixhostにお願いするということです。

一見便利ですが、ドメイン管理会社(お名前.com)とレンタルサーバー会社(mixhost)は、分けた方がリスク分散できます(個人的意見です)。

▼契約期間を選んで「続ける」をクリック。個人的には36ヶ月プランを推奨。他の項目は触らなくてOKです。

▼契約の内容を確認して「お客様情報の入力」をクリック。

▼個人情報と支払い情報、管理画面ログイン用のパスワードを入力し、画面下へスクロールして「注文完了」をクリック。

以上でサーバーの契約は完了です。

3)ドメインとレンタルサーバーの紐付け

mixhostで契約したサーバー(土地)と、お名前.comで取得したドメイン(住所)を紐付けます。

お名前.comの設定

まずは「お名前.com Navi」へアクセスしてログイン。

▼ログイン後、上部の「ドメイン」タブをクリックすると下の画面が表示されるので、「ネームサーバー」の項目「初期設定」をクリック。

▲私は複数のドメインを所有しているので上の画面ですが、初めてなら「ドメイン名1」しか表示されません。

▼下の画面が表示されたら「その他」タブをクリックし、「」ボタンを押してネームサーバー5まで表示させる。

▼▲5つの入力欄に以下のアドレスを入力して「確認」をクリック。

  • ns1.mixhost.jp
  • ns2.mixhost.jp
  • ns3.mixhost.jp
  • ns4.mixhost.jp
  • ns5.mixhost.jp

▲上記のアドレスはmixhostの例です。他のサーバーの場合は値が違います。

これで完了ですが、設定がネットの世界へ浸透するまで1時間〜最大72時間掛かります(平均で4時間程度)。

4)WordPressのインストール

次は「mixhostの管理画面」へログインします。

▼ログイン後は次のような画面になるので「有効なサービス」をクリック。

▼左側にあるメニューの「cPanelにログイン」をクリック。

▼次の画面で下の方へスクロールして「WordPress Manager by Softaculous」をクリック

▼「今すぐインストール」をクリック

赤枠のところを注意して選択・入力してください。失敗しても後から修正できます。

管理者アカウントの「Admin Username」はセキュリティの観点から、必ず変更しましょう。

「Admin Password」はそのままでもOKですが、必ずメモっておくように!変更する場合は、なるべく複雑なパスワードが良いです。

「管理者Eメール」は普段使用しているメールアドレスが無難です。

下段の「Classic Editor」は何かと使えるので、チェックを入れておくのがお勧め。

全て完了したら「インストール」をクリック。

▲上の画面の補足

「インストールしたいバージョンを選択してください」は基本的に表示されているバージョンのままでOKです。

「サイト名」と「サイト説明」は、すでに決まっていればココで入力してOK。後から変更できます。

▼インストール完了画面に表示されている上段のアドレスがブログサイト。下段が管理者のアドレスです。

▼ブログサイト

▼管理画面。この画面から記事の作成・投稿をします。

5)WordPressの初期設定

記事を書き始める前に、必須の設定だけ最初にやってしまいましょう。

パーマリンクの設定

パーマリンクとはURL(アドレス)の末尾の部分です。

例えばbikeという記事を作成するとアドレスは自動生成されるのですが、mixhostで作成したWordPressは、標準設定のままだと日付が自動的に挿入されてしまいます。

例:https://pacosadventure.com/2020/09/01/bike

これは管理上の観点からよろしくないので、以下のアドレスになるように設定を変更しましょう。

設定後:https://pacosadventure.com/bike

▼WordPressの管理画面から「設定」→「パーマリンク設定」を選択。

▼「投稿名」にチェックを入れて「変更を保存」をクリック

この設定は最初にやっておかないと、あとで全記事を修正することになります。

必ず変更しておきましょう。

その他の設定

WordPressインストール直後のおすすめ設定は、コチラの記事が良くまとめられています。

>>(外部サイト)WordPressインストール後すぐやっておきたい6つの初期設定


ここまでの作業でブログ活動を開始できます。

お疲れ様でした!

テーマを使ってデザインと機能を拡張しよう

WordPressをインストールした直後は、デザイン・機能ともに非常にシンプルです。

もちろんこのまま使い出しても良いのですが、せっかく作ったサイトなので、自分好みにデザインを変更したくなりますよね。

デザインはテーマを差し替えることで変えられます。

▼テーマ選びのコツについては、関連記事をご覧ください。

関連記事 【WordPressテーマ】 選び方と調べ方「迷ったら直感で決めよう」

迷ったら私のオススメであるTHE THOR(ザ・トール)】を検討してください(税込16,280円)。

テーマの組み込み方法については、各製品のマニュアルに従ってください。

終わりに

これであたなもスタートラインに立てました。

しかし、ただ漠然と記事を書くだけでは収益は発生しません。

ここからが勝負です!

▼収益化ブログ運用のコツはこちらの記事に書いていますので、是非参考にしてください。

関連記事 収益化ブログを1年6ヶ月運用してみた結果