Insta360 One Xをバイクにマウントするパーツを検証してみた

スゴイな!Insta360 One X!

今、絶賛ハマり中です。

以前リコーのTHETA Sを使っていたのですが、ブレがひどくてすぐにお蔵行きになりました。

でもInsta360 One XTHETA Sと違ってブレにかなり強いです。

自撮り棒を使って空撮風に走行動画を撮るためのパーツを検証してみました。

まずは動画をご覧ください。

結論

関節のないマウントを使う

Insta360 One Xはブレに強いといってもジンバル程ではありません。

激しく上下左右に揺さぶると近い被写体はブレます。逆に遠くの被写体はブレない。

バイクに固定した時、近い被写体(ライダー)はブレの影響をモロに受けますので極力根元が揺れないパーツにする必要があります。

自撮り棒を使う場合、カメラの高さを地表から2m以下にする

 →非常にグレーですが道路交通法では高さを2m以下にする必要がありそうです。

 →交通量の多い一般道や高速道路では使用を控えています。

動画で紹介したパーツは以下の3つです

  • RAM MOUNT タフクランプスモール RAP-B-400U
  • 中華マウント (LOE ユニバーサルバイクマウント)
  • MINOURA VC-100S

Insta360 One X+自撮り棒と相性が良かったのは関節部分のないMINOURA VC-100Sでした。

2つのパーツも自撮り棒との組み合わせ以外なら十分使えるパーツだと思います。

特にRAM MOUNTの強度はかなり強力で信頼できます。安物の類似品を買うよりはRAM MOUNTをお勧めします。かなり力を入れてマウント部分を押し引きしてもズレることはありません。

以上、参考になれば幸いです。

created by Rinker
ラムマウント(Ram Mounts)
¥3,200 (2019/12/06 22:03:40時点 Amazon調べ-詳細)