CAMP on PARADE 火輪が届いた! SOTO ST-310との組合せは?

2月上旬に注文したCAMP ON PARADEの火輪ストーブが、6月上旬にようやく届きました。

関連記事 ヒーターアタッチメント火輪についてあれこれ妄想する【CAMP on PARADE】

コロナウイルスの関係で製造がストップしてしまったようで、納品までかなり待ちました。

通常ならこんなに待つ事はないでしょう。

今回は火輪ストーブのお姿と、SOTOのレギュレーターストーブST-310との組合せをチェックしてみます!

追記 2020-12-03)CB缶との組み合わせだとガスの容量が圧倒的に足りません。

詳しくは記事の最後をご覧ください^^;

まとめ動画

▼こんな感じになります。諸事情により着火テストはしておりません^^;

CAMP ON PARADE 火輪とは?

名器 武井バーナー(パープルストーブ)のヒーター部分だけをバラ売りしたようなアタッチメントストーブです。

▼こちらが武井バーナー

火輪は汎用のガスバーナーやケロシンストーブとの組み合わせが可能。

お値段は本体24,000円+送料+税で27,150円でした。

武井バーナーの価格(60,000円以上)と比較したら十分安いでしょう!

え?高いって?キャンプ道具ってのは自己満足の塊です!私は満足しています。

ヒーターパーツのチェック

高さは突起物を含みます。

CAMP on PARADEの火輪紹介ページに記載されている寸法と違いました。

重量は505gでした(本体のみ、五徳含まず)。

ヒーター裏側

裏側は組合わせるバーナーの五徳が直接接触します。

▼ST-310との組合せはこんな感じ。たまたまですが、裏側ネジの突起部分にST-310の五徳は干渉しませんでした。

組合わせるバーナーの五徳と、このネジの突起部分が干渉すると不安定になるでしょう。

▼ヒーター裏側の突起物内側の直径は115mmでした。

分解

各パーツはねじ止めされているだけなので、バラして清掃することが可能。

▼この辺りも武井バーナーと構造は同じですね。

火輪の付属品

  • ヒーターをバーナーに固定する為のバネ棒が2種、計6本
  • 遮熱版をバーナーに固定する金属パーツ x 3(くるっと曲がった短い部品)
  • 五徳
  • 遮熱版
  • フック

バネ棒・遮熱版は組合わせるバーナーによっては適合しません。

うまく工夫するしかないですね。

▼フックは加熱されたヒーターを引っ掛けて取り外す物でしょう。

五徳

▼五徳の直径は115mm。ポン置きするだけなので固定はされません。

▼シェラカップやソロ用の小型クッカーのような、底面積の少ない鍋だと上に置けません。

SOTO ST-310と合体してみる

合体と言ってもST-310の五徳の上にポン置きするだけです。

まず付属の遮熱版はST-310の五徳部分が邪魔になって使えません。

▼こんな感じのOD缶用バーナー向けですね。

出典:CAMP on PARADE FACEBOOK

▼とういわけで、別の記事で紹介したN-Projectの遮熱版を使うとこうなります。

▲この状態で激しく揺さぶるとヒーターが落ちる危険性があります。

でも、よほど激しく揺らさない限り落下することはないでしょう。私はこのままの状態で使う予定です。

▼写真の遮熱版はコチラ

▼SOTO ST-310はオプションがいろいろあって使いやすいです!

 

ソト(SOTO) レギュレーターストーブ ST-310 Amazon.co.jp ゲンテイ モノトーン
SOTO(ソト)

火力は? CB缶との組み合わせは微妙!

レビュー記事として大いに失格ですが、着火テストはしておりません。

火入れの儀式は当分先にになりそうです。

しばらくは見て楽しむだけですね^^;

ストーブが必要のない季節なので、出番がなくオブジェとなりつつありますが、これはなかなか良いモノです。

実戦投入したら改めて紹介したいと思います^^;

追記)2020-12-03

ついに着火テストをしてみました^^;

暖気は上方向は合格、横方向は物足りないです。

また、CB缶との組み合わせだと微妙。

  • 短時間の調理に使う分には実用的
  • 弱火だと全然暖かくない
  • 屋外で使った場合は、強火でもほとんど暖まらない
  • テントの前室内で使うのなら、短時間の暖房器具として使える

火力は中火以上にしたら問題ありませんが、ガスがあっという間に空になります。

ものすごく巨大なガス缶があれば、最強製品。

これは火輪の問題と言うより、ガスの問題ですね。

よ〜く考えれば、CB缶のバーナーを中火〜全開で放置すると、1〜2時間でガスを使い切ってしまいます。

冬キャンプで暖房目的で使うのなら、かなりの本数のCB缶を持参することになるでしょう。

CB缶で使おうと思っている人へ!

ケロシンストーブのように、長時間の運用を考えている人にはおすすめしません!