LEATHERMAN Wingmanマルチツールを買い直してみた – 買うなら絶対に日本正規品!

2014年9月に購入したマルチツールの定番、LEATHERMANのウィングマン。

購入時は絶対に壊れないだろうと、ケチって少し安い並行輸入版を買ったのですが、わりとあっけなく壊れました^^;

▼ 右が壊れた並行輸入品。缶切りの部分がパキッと折れる^^;

25年保証がついてる日本正規品を買い直したので、何が違うのかチェックしてみましょう。

壊した原因

自己責任です。並行輸入版が不良品だったワケではありません。

▼使い切ったCBカートリッジに穴を開ける時、変な力の入れ方をしてしまって缶切りパーツを折ってしまいました。

壊れたと言っても他のツールはまだバリバリに使えるので、バイク工具として余生を送ってもらいます^^

キャンプで缶切りって必ず使うんですよね。

100円ショップで缶切りだけ買えば事足りるのですが、ウイングマンって最っ高に所有感が高いのですよ。

そんなワケで今回買い直した次第です。

日本正規品と並行輸入品の違い

両方使ってみた感じですが、品質に違いは無いと思いました。

ちなみに偽物が存在するのか不明です^^;

25年保証(LTJマーク)

▼右側が正規品です。LEATHERMANのレーザー刻印あり。

画像クリックで拡大表示

▼刻印が削れて消えてしまっても、保証書があれば25年の保証は有効。

見た目の違い

▼フォントが微妙に違う。上が日本正規品(製造時期によるかも)

絶対に正規品を買っとけ

▼ウイングマンは14個のツールを持っています。

その全てを使っているワケではないのですが、使用頻度はプライヤー>缶切り>ハサミ>ナイフ。

一つでもお気に入りのパーツが壊れてしまうと、なんと使いにくいことか….

レザーマンってウイングマン以外にもかなり製品を出してますよね。

Amazonだと、だいたい日本正規品と並行輸入品が揃っています。

正規品の方は+10%程度、価格が高い。

私のようにケチった結果が、同じものを買ってしまうことも十分あり得るわけです。

ウイングマンの場合、たった+1,000円ほどの差額で25年保証が付くのは、安い投資でしょう。

もし購入時に日本正規品と並行輸入品を迷ったのなら、「日本正規品」を強くおすすめします。

以上、参考になれば幸いです。

参考になるリンク

>>LETHERMAN並行輸入品について(公式)

▼こちらが日本正規品


関連記事 常用キャンプ道具 24選 バイクソロ編

関連記事 ひとりキャンプでやめたこと