【生き方を改革せよ #1】 <2週間以上のスーパーロングツーリングを「無限」に繰り返す方法>

この物語はアラフィフで脱サラニートになったダメ人間の「人生逆転ドキュメンタリー」です。

無限アル・パカ
それでは出発します!

2019年に1回、2020年は2回、14日間前後のスーパーロングツーリングを実現させました。

その方法を公開しましょう。

▼2020年・14日間の北海道ツーリング動画 その1

【いきなり結論】サラリーマンだと絶対に無理

私は28年間、サラリーマンをしていました。

ツーリングができるのは週末、夏休み、GWなどの連休だけ。

これが普通ですよね。

▼いつもこんな夢を見てました^^

  • いつか北海道を走ってみたい!
  • 今日は天気がいいから仕事しないで走ろう!
  • 1週間晴れマークが続いてる!ちょっとロングツーリングへ行っちゃおう!

でも、無理なんです。

サラリーマンをやっていたら絶対に無理。

夢が夢のままで終わってしまう…。

このままでいいのか?

悩めるアルパカ
でもサラリーマンを辞めたら生きて行けないでしょう?
無限アル・パカ

普通はそう考えるよね!

では、ボクが命を削って体験した事実を教えよう!

ホワイト企業だったのだが…

勤めていた会社はホワイト企業です。

労働組合に守られ、残業代もしっかり出る会社でした。

そんな会社だったので将来は安泰です。

おそらくは定年まで、または再雇用制度を使って65歳までは確実に会社に残れたでしょう。

ひょっとしたら70歳まで働けたかもしれません。

(今はコロナでヤバそうだけど…)

しかし、その年齢になったらスーパーロングツーリングなんて体力的に無理があります。

悩めるアルパカ
それだけの目的の為に、会社を辞めるってアホでしょ??
無限アル・パカ
ハハハ … ボクには他の理由もあったんだよ!

(ちなみにブラック企業ならすぐに辞めるべきです^^;)

仕事がつまらない

就職してから1年未満で、自分に合わないから会社を辞める人って多いです。

過去の私は、そういったタイプの人を「意志の弱い軟弱者」だと思っていました。

悩めるアルパカ
社会人なら嫌なことがあって当然!耐えることも重要!
無限アル・パカ
そんな人間がなんと!

勤続27年目で急に会社が嫌になったのです。

仕事が単調で面白くない。

頭を使わなくても仕事ができてしまう。

でも、楽をして固定給を稼げるって良い環境なのでは?と、思い込んでいました。

しかし、楽をしていると記憶力が弱くなってボケてくるのです。

きっとそれが原因だったのでしょう。

小さなことにイライラするようになり、だんだんストレスが溜まっていきました。

そしてその頃、27年ほど普通に乗り続けていた満員電車が、急に嫌になったのです。

無限アル・パカ
改めて考えると、満員電車って異常な空間!

なんで今までこんな異常な乗り物に乗っていたんだ?と。

電車の中で気が狂って暴れ出しそうになることもありました。

悩めるアルパカ
ヤバいよ!

これはマズいと、自分の異変に気づいたのが救いです。

▼ストレスの原因を深掘りすると…

  • いい大人が上司に許可をもらわないと動けない
  • 小回りが効かない
    • すぐにやってみたいことがあるのに、上の上のさらに上まで説得する必要がある
  • 自分の判断で資金を動かして勝負できない
  • 給料が安い
  • 出世は運の要素が強い
  • そもそも出世をしたくない
  • 仕事のできないダメ人間と思われたくなくて、背伸びをしている
  • 潰瘍性大腸炎を煩い、不意にウンコを漏らしてしまう(←これ本当にキツいっす)
  • ・・・
  • など、多分100個以上は書き出せます^^;

これらは社会に出たら当たり前なことで、会社員とはそれを我慢して生きるものだと思っていました。

しかし私は急に、サラリーマンという物が馬鹿馬鹿しく思えてしまったのです。

簡単に言うと、会社での自分の将来を見切ってしまった。

もはや自分に残された生きる手段は、働き方改革、いや、「生き方を改革」すべきなのでは?

そう思ったのです。

「社会人なら嫌なことがあって当然、耐えることも重要」

このことは、今でも間違いではないと思っています。

どんな仕事であれ、働けば嫌なことは少なからずあります。

でも今だから言えますが、つらいのなら「退職して環境を変える」のは有りです。

無限アル・パカ
嫌なことを我慢するのではなく、減らす方法を探すべき!

とはいえ、辞めるのは勇気がいる

すごく悩みました。

転職するわけでもなく、フリーになりたかったのです。

でも手に職を持っているわけでもありません。

ただ、二度と会社員をやりたくないだけ。

そんな、どうしようもない自己中野郎でした。

▼こんな感じで自問自答してた記憶があります^^;

悩めるアルパカ
50歳近くで脱サラしてニートになるって恥ずかしい!
無限アル・パカ
でも、辞めるのって何が怖いの?
悩めるアルパカ
社会的にまともな評価が無くなる!
無限アル・パカ
それが自分や家族にとってどれだけ大事なこと?
悩めるアルパカ
・・・
悩めるアルパカ
あ!収入がなくなるのが怖い!
無限アル・パカ

自力で稼げば良いでしょ!

最悪バイトすればOK!

悩めるアルパカ

自力で稼ぐって …

やってみたいことはあるけど、失敗したら人生路頭に迷うじゃない!

無限アル・パカ
まだ、やってもいないのに?

… こんな感じです^^

こんな年齢になって今更ですが「人生は一度っきり」です。

もう、我慢する必要はない。

妻や家族に「自力で稼いで生きたい」と打ち明けました。

▼そして、最後に自分を納得させたセリフがコレ▼

オレはもうサラリーマンとして十分に働いた
あとは好きなことに人生を掛けてみよう

覚悟が決まれば、あとは簡単です。

●無駄な固定費を徹底的に排除!

  • 固定電話の解約
  • 生命保険の解約
  • 格安SIMに変更、など…

●退職前にクレジットカードを増やす!

  • フリーになると社会的信用がゼロになる

●少ない貯蓄と退職金をチェック!

●月に不足する生活費を見積もる!

  • 妻に定職あり
  • 蓄えを崩せば、自分が無給でも数年間は生きていける!

整理してみると、これならマジで勝負できると思いました。

そして、スパッと会社を去る!

次に何をやるかも決めずに…(実際はぼんやりと決めてました)

スーツなんて捨てました。

二度と電車に乗りません。

28年勤めた会社ですが、最後は何の未練もありませんでした。

懲役28年のお勤め完了!

やっとシャバに出れたぜ!

最っ高に気持ちよかったです。

つづく …