MacにおすすめのUSB TYPE-Cモニター3+1選【USB-PD対応】

MacBookシリーズに外付けディスプレイを繋げるのなら、ケーブル1本で映像と音声をまかなってくれるTYPE-C入力を持った製品がベストです。

Power Delivery(USB PD)に対応した製品なら、モニター経由でMacの充電もできます。

この記事では使い勝手の良い大きさの27インチ、解像度は4KとWQHDのモニターを2つ。

17.3インチのモバイルモニターを1つ紹介します。

調査日:2020年9月下旬、2020年12月

▼MacBookシリーズのUSB TYPE-C(Thunderbolt3)についての解説はコチラ

関連記事 Macbook 12インチのUSB TYPE-C規格まとめ【Thunderbolt3とは?】

27インチ 4K

写真・映像編集や文字入力等の事務作業に特化した用途の場合は、高精細な4Kモニターがおすすめ。

このクラスの製品はいくつかありますが、2020年9月に発売されたDellのP2721Qが価格と性能のバランスに優れています。

Dell P2721Q

スペック

液晶パネル IPS・4K(3840 x 2160)
リフレッシュレート 60Hz
応答時間 5ms(GTG)
映像入力 TYPE-C、DisplayPort x 1、HDMI x 1
USB PD 65W
スピーカー なし
USBハブ 4ポート
サイズ(幅 x 奥行 x 高さ・スタンド込) 61.16 x 18.5 x 38.52

特徴

  • スタンドは縦横の回転にも対応
  • モニターの電源をオフにしても電源供給は止まらないのでUSB-PD充電器としても使える
  • 価格が安い

27インチ4KクラスでTYPE-Cを持つモニターの相場は55,000円前後ですが、この製品は47,000円前後。

かなりコスパ高くてお得です。

>>DELL直販でチェック

27インチ WQHD ゲーミングモニター

MacBookの他に、PS5やXbox Sereis X/S等のハイスペックゲーム機も接続したいなら、この製品がベスト。

BenQ EX2780Q

スペック

液晶パネル IPS・WQHD(2560 x 1440)
リフレッシュレート 144Hz
応答時間 5ms(GTG)
映像入力 TYPE-C、DisplayPort x 1、HDMI x 2
USB PD 10W
スピーカー 2.1ch
USBハブ なし
サイズ(幅 x 奥行 x 高さ・スタンド込) 61.4 x 19.6 x 45.97

特徴

  • 内蔵スピーカーは2.1chで、5Wのサブウーファーを内蔵
  • 豊富な入力端子(Mac、PC、ゲーム機なんでもOK)

TYPE-C入力を持った希少なゲーミングモニターです。

解像度はWQHDなので4Kと比較すると精細感は落ちますが、それでも十分な広さがあります。

動画編集や文章入力等の作業なら全く問題ありません。

デメリットはUSB-C PDの出力が10Wまでと少なく、MacBookのバッテリーが徐々に減っていくこと。

私はこのモニターを愛用していますが、ほぼパーフェクトな製品です。

もちろんゲーミングPCを繋いでもOK。

▼レビュー記事はコチラ

関連記事 【BenQ EX2780Q レビュー】PC、Mac、Xbox Series X対応 万能27インチゲーミングモニター

17.3インチ モバイルモニター

17.3インチという画面サイズは、MacBook Pro 15、16インチに最適です。

コンパクトに拡張したい方へお勧めできます。

ASUS XG17AHPE

スペック

液晶パネル IPS・FULL HD(1920 x 1080)
リフレッシュレート 240Hz
応答時間 3ms(GTG)
映像入力 TYPE-C、Micro HDMI
スピーカー 2.1ch
バッテリー稼働時間 3.5時間
サイズ(幅 x 奥行 x 高さ・スタンド込) 39.9 x 25 x 9.95
重量 1.06kg

2020年12月、私が使用しているモニターです。

外出先でも使える絶妙なサイズ。

モバイルゲーミングモニターなので、ゲーミングPCやPS5を使っている人にも相性が良い。

リフレッシュレートが240Hzまで対応しているけど、Macにはオーバースペック。

(Macなら60Hzで十分です)

でも、最高に使いやすいです!

価格は65,000円程度。

▼使い勝手等はこちらをご覧ください

関連記事 【レビュー】ASUS ROG Strix XG17AHPを買って絶頂した【三脚付きモバイルゲーミングモニター】

その他(iPadを使う)

iPadを持っていることが前提です。

macOS標準機能の「Sidecar」でiPadをMacのセカンドディスプレイとして使えます。

また、有料ソフト(1,220円)の「Duet Display」を使えば、Sidecarよりも高解像度で使えて便利。

Duet Displayは動作のレスポンスが悪くて使い難かったのですが、2020年9月のアップデートでかなり使えるアプリになりました。

普段はMacBookの1画面で十分だけど、一時的に2画面にしたいのならiPad+Duet Displayも候補にいれる事をおすすめします。

▼詳しくは関連記事をご覧ください。

関連記事 MacとiPadのお手軽サブディスプレイSidecarとDuetを比較してみた