ゲーミングノートPCは爆音で熱地獄!買う前にデメリットをチェック!

ゲーミングノートPCって「場所を選ばずにゲームができる」からすごくいいですよね。

さらに、デスクトップ型と違って「モニターとキーボードが内蔵」されているので、なおさらお得感があります。

そして、最近のゲーミングノートPCは、ものすごく高性能です。

さすがにデスクトップPCよりも性能は劣るものの、普通にゲームする分には何も問題ないパワーを持ってます。

しかし … ちょっとまった!

ゲーミングノートPCには強烈なデメリットが3つあります。

  • ジェット機のような排気音!
  • ヤケドするほどHOT!
  • キーボードが変!

買って使ってみたら、思ってたのと違った!!!

こんな悲惨な結果にならないように、ゲーミングノートPCのデメリットについて詳しく解説します。

気になる人は、ぜひお読みください。

目次

排気音と発熱をチェック

まずは、冷却音と温度についてチェックします。

ファイナルファンタジー15のベンチマークを起動し、騒音計と赤外線サーモグラフィーで計測します。

テストPC名GALLERIA
XL7C-R36H
メーカードスパラ
CPUCore i7-12700H
GPUGeForce
RTX 3060

テストPCは2022年の最新型で、CPUはかなり高性能。GPUはミドルクラスです。

なお、動作音の基準は以下を参考にしてください↓

21〜35dbささやき声
36〜40db日常生活の音
41〜45db扇風機の「弱」
46〜50db扇風機の「中」
51〜55db扇風機の「強」
うるさく感じる
56db以上かなりうるさい
不快な音

こちらが排気音の検証動画です↓

通常時・アイドル状態

【騒音値】33.8db→日常生活の音

【温度】33°

WEBブラウジングなどの日常使いだと、少しファンが回転する程度です。

表面温度も「ほんのり暖かい」程度で何も問題ありません。

負荷をかけ始めた時

次はFF15のベンチマークを起動します。

【騒音値】52.3db→扇風機の「強」、うるさい

【温度】37.9°

ベンチマークアプリを起動してすぐにファンが強く回転し、表面温度が上がっていきます。

ベンチマークの途中

【騒音値】57.1db→かなりうるさく不快な音

【温度】49.4°〜53.6°

ベンチマーク開始後、1分ほどの計測値です。

この後、ベンチマーク終了までこの数値を超えることはありませんでした。

かなりうるさく、めちゃくちゃ熱いです。

表面温度は約49°を越え、触ってみると「アッチーーッ!」と声が出て手を引っ込めるレベル。

ずーっと触っていると低温ヤケドします。

っていうか、壊れないかコレ???

壊れないにしても熱暴走しないか??

CPUとGPUはしっかり熱対策されてるから大丈夫だと思うけど、その他のパーツが熱でイカれそうなほどヤバいです。

体感でもっと温度は高いと思ったので、業務用の温度計でもチェックしてみました↓

600°まで計測できる測定器

う〜ん … 個人的にはもっと体感温度は高いです。

それにしても、53°ってお風呂のお湯だったらヤバい温度ですよ。

ブーストモード

GALLERIA XL7C-R36Hにはファンの風量を強制的に最大にする「ファンブースト」というモードがあります。

長時間ゲームをするなら必須の機能。

他のゲーミングノートも似たような機能を持っています。

【騒音値】59.7db→かなりうるさく不快な音

【温度】47.8〜51.4°

クレイジーです。

まるで掃除機のような排気音!

部屋の外からでも聞こえるくらいの爆音。

ヘッドホンをしても気になるレベル。

爆音すぎてカフェに持ち込んでゲームするなんて100%できません!

ただし、表面温度はファンブースト前よりも2°くらい下がります。

流石にこれ以上は排気音と温度も上がりませんでした。

この値がゲームプレイ時の標準状態になります。

一応、温度計測器の数字はこちらです↓

キーボードを操作してゲームするには無理がある熱さだと思います。

逆に、外付けキーボードやコントローラーを使うなら問題ないけど …う〜んって感じです。

しかも、XL7C-R36Hの場合、吸気は底面からしています↓

ほとんどのゲーミングノートも同じような仕組みです。

つまり、PCをひざの上に置いてゲームなんて、絶対にできません。

発熱と排気音のまとめ

この爆音と熱地獄の症状はXL7C-R36Hだけの話ではありません。

他のゲーミングノートも同じようなものです。

各メーカーで工夫はしていますが、高性能であるほど爆音・発熱のレベルは上がります。

ジェット音と熱地獄を避けるなら、スペックの低いゲーミングノートを買うしかありません。

ところで …

2022年7月にマウスコンピューターが「外付け水冷BOX付き」のPCをリリースしました。

こうでもしないと「爆音と熱地獄」は回避できませんよって認めているようなものです。

このような状態だと、ノートPCと言うよりは、省スペースデスクトップPCと呼ぶべきでしょう。

設置スペースの問題でノートPCにするか悩んでいるなら、小型のデスクトップゲーミングPCを検討した方が良いです。

キーボードが変なのばっかり

国内ブランドのゲーミングノートのほとんどが、何故かテンキーを搭載しています。

データー入力が多いビジネス向けのPCなら便利だと思います。

でも …

ゲームにテンキーが必要な人って少ないのではないでしょうか?

しかも、15.6インチクラスのノートPCにテンキーを載せると、一部のボタンが小さくなります↓

なんか無理やり詰め込んでる感じで、すっごく使いにくいです。

こちらは一般的なテンキー無しのゲーミングキーボードです↓

テンキー無しだと15.6インチクラスの横幅とほぼ同じ。

しかもキーはフルサイズなので、めちゃくちゃ使いやすいです。

テンキーが使いたければ、外付けのUSBタイプで良くないですか?

テンキー無しのゲーミングノートなら、DELLのAlienwareとASUSがおすすめです↓

Alienware
ASUS TUFシリーズ

【まとめ】ゲーミングノートを買うならここをチェック!

最近のゲーミングノートはすごく高性能です。

さまざまな理由で、どうしてもノート型でないとダメって人はいると思います。

ただし、購入する前に次の2つは必ずチェックしてください。

  • 爆音」と「熱地獄」は覚悟しよう!
  • キーボード」が変じゃないかチェック!

爆音と熱地獄を避けたいのなら、性能の低いPCにするしかありません。

キーボードについては、文書入力など日常使いもする人は、幅の狭いキーがないかチェックしましょう。

以上、参考になれば幸いです。

おすすめゲーミングPC 早見表

更新:2022年9月30日

スマホはスクロールできます→

価格CPUGPUメモリストレージメーカー
135800円Core i5-12400FRTX 305016GB512GBフロンティア
144800円Core i5-12400FRTX 306016GB512GBフロンティア
164800円Core i5-12400FRTX 3060Ti16GB1TBフロンティア
175800円Core i5-12400FRTX 306016GB1TB(爆速)ツクモ
199800円Core i7-12700FRTX 3060Ti16GB1TBフロンティア
199800円Ryzen 7 5700XRTX 307032GB1TBフロンティア
229800円Core i7-12700FRTX 307032GB1TBフロンティア
229900円
セット価格
Core i5-12400FRTX 3060Ti16GB512GBマウス
239800円Ryzen 7 5700XRTX 3080 12GB32GB1TBフロンティア
249980円Core i7-12700RTX 307032GB2TB(爆速)ツクモ
272800円Core i7-12700FRTX 3080 10GB32GB1TBフロンティア
294800円Core i7 12700KRTX 3080 10GB32GB2TB(爆速)ツクモ
よかったらシェアしてね!
目次