手放したキャンプ道具たち テント・タープ編 その2

手放したテント#5〜#7、タープ#3を紹介します。

<<その1へ戻る

前書き

これからバイクキャンプを始める方にとって、自分にあった道具立ての参考になれば幸いです。

私は市販品を買って試すレベルのキャンパーです。カスタムして工夫をしたり、道具を自作するほどの達人ではありません。

あと、真冬のキャンプもしないゆる〜い丘キャンパーです。

その辺りを察して読んでください。

テント#5【ロゴス ナバホTepee 300】タープ#3【ロゴス ナバホラウンドタープ】

2015年6月購入。

お初のモノポールテントとスクリーンタープでした。

バイクタンデムで2人キャンプの道具立てを更新。

前回の道具(North Eagle リップツーリングドーム)で不満だった狭い前室をスクリーンタープにして、雨天時でも快適キャンプができる様にした。

実際に結構激しい雨に降られたが、まぁまぁ快適でした。

ナバホTepee 300

サイズ

モノポールテント
  • 幅300cm×奥行250cm×高さ180cm
  • 収納サイズ:52cm×18cm×18cm
  • 4.0kg

ラウンドタープ

サイズ

  • 幅320cm×奥行320cm×高さ140cm
  • 収納サイズ:54cm×18cm×18cm
  • 4.8kg

テント・タープ

長所

  • 価格が安い
  • テントとタープ合わせて9kg以下(10kg以下が理想でした)
  • モノポールのメリットですね。室内で直立できるので着替えが楽だった
  • スクリーンタープのサイズは結構広く、2人分の荷物を全て仕舞った状態でBBQができた
  • テントは寝るだけに使うっていう贅沢で理想的な環境

短所

  • ポールの数が多くてかさばる(テント+スクリーンタープの場合)
  • モノポールテントは中央にポールが立つので、2人用程度の小さめのサイズだと室内のレイアウトに自由度が無い
  • モノポールは通気性が悪い
  • テントとタープの連結ができないので、雨天時は行き来する度に濡れる(100円ショップのレジャーシートを連結屋根にしてましたw)
  • スクリーンタープの高さが低く、腰に負担が掛かる
  • スクリーンタープのクオリティが低い。ポールが太くて重すぎだった

コメント

この組み合わせは、なかなか良かったんですけどね。スクリーンタープをリビングにする案がダメダメでした。

リビングにするなら背の高い普通のタープの方が腰に負担がかからなくて使い勝手が良いのですが、バイクだと荷物を仕舞う場所がなくなるので却下。

バイクでテント系を2幕運ぶのは、ポール等の付属品が多くなってしんどいっす。

で、3泊だけ使用して売却ww

2つを組み合わせて運用するのがダメで、個々に考えると価格も安いし、いい製品だと思います。

特にラウンドタープ(スクリーンタープ)はソロで単独運用する場合は、結構良いのではないでしょうか。

ナバホ柄は目立つので、結構他のキャンパーから話しかけられましたw

と、いうことでオススメしときます。

created by Rinker
ロゴス(LOGOS)
¥10,500 (2019/12/08 00:04:38時点 Amazon調べ-詳細)

テント#6【DOD タープリーテント】

2015年6月 2人キャンプ用として購入。3人用サイズ。

上で紹介したナバホセットの弱点を克服する画期的なタープ合体型テント

前回のキャンプ終了後、速攻でこのテントをポチりました。

しかし、箱から出すこともなく、そのまま売却ww…アホです。

と、いうことで写真が無いのでネットから拝借してます。

サイズ

  • 幅225cm×奥行220cm×高さ154cm(タープ部183cm)
  • 収納サイズ:直径20cm×長さ59cm
  • 7.2kg

長所

なし…

短所

  • 色が奇抜すぎる
  • 前室が無いので夜間に荷物を隠せない
  • 収納時の幅が長すぎる
  • これ以上思い出したく無い…

コメント

なんで買ったんだろう…

購入価格は¥12,207でした。売却価格は覚えてません。

でも買ってくれた人がいたのが驚き。幸せにしているだろうか…

テント#7【Snow Peak KAMAEL DOME2】

2015年7月ソロ用テントとして購入。

全方位にのぞき窓があって、室内から容易に外の様子を確認できる。

非常に高級感のあるテントだった。

10泊ほど使用したお気に入りテントでした。

サイズ

  • 幅275cm×奥行305cm×高さ132cm(インナーサイズ:245cm×奥行130cm×高さ100cm)
  • 収納サイズ:直径22cm×長さ56cm
  • 3.5kg

長所

  • ソロでは十分な居住空間
  • 前室のスペックは完璧
    • 高さが132cmあり、インナーの高さ(100cm)よりも高い
    • 居住性が良く、大雨の中でもまったり快適に過ごせた
  • 重量は許容範囲内。スペック上は3.5kgだが、もっと軽かったのでは??
  • 他のキャンパーとかぶらない

短所

  • 価格が高い
  • 特徴のある全方位窓は中から外が見れる反面、外から中を覗かれる
  • インナーのベンチレーションが1箇所しかなく、夏場はしんどい

コメント

この製品で初めてシルナイロンっていう素材を知った。フライシートはまさにソレで、ツルツル滑らかな触りごごち。

信頼できるメーカー製で品質も最高級、所有感も高くてすごく良いテントです。

私は真っ昼間にテントを設営してから、ちょいと昼寝するっていう行動パターンなので、暑いのが我慢できなくて売ってしまいました。

換気性能が悪いとはいえ、どんなテントでも夏場は室内が暑くなります。

その辺を許容できる方は、買って損のないテントでしょう。全方位窓がついてるテントは唯一無二の存在です。

外から覗かれる可能性はありますが、私はそんなの気にしません。真っ裸に近い格好で昼寝してました。むしろ覗いて欲しかったです。

すでにカタログ落ちしていて市場在庫のみですが、だいぶ価格も下がってきているので、今ならオススメできるテントです。

created by Rinker
スノーピーク(snow peak)
¥72,380 (2019/12/08 00:04:39時点 Amazon調べ-詳細)

ここまでのまとめ

赤線を引いたところをもう少し深掘りします。

モノポールテントは中央にポールが立つので、2人用程度の小さめのサイズだと室内のレイアウトに自由度が無い

  • これは構造上、仕方のない事ですが、モノポールテントは4人用くらいのデカい方が快適で雰囲気もよく、楽しめると思います
  • ま、そんなデカイのはバイクキャンプに向いていませんが…
    (私はこの後、5つモノポールシェルターを買って懲りました(^^); ドーム型が一番いいですw)

バイクでテント系を2幕運ぶのは、ポール等の付属品が多くなってしんどいっす

  • たまにソロキャンパーでテントを2幕を運び、状況によって使い分けている人がいますが、ソロなら有りです
  • 2人キャンプでテント2幕運ぶのは、荷物がかさばって運転に支障をきたし危険です。あ、もちろんバイクの話ですヨ!
    (この1年半後まで、小型のテント2幕+タープを厳選して、タンデムのキャンプを性懲りも無く続けてました…)

色が奇抜すぎる

  • これも個人の好みですが、なるべく自然に溶け込む色を選んだ方が良いです
  • 個人的には濃い緑系か茶(サンド)系が良いかと…
  • ま、個性を出したいのなら、好きな色選んでくださいw。でも私みたいに紫色はキモいからやめた方がいいです

ベンチレーションが1箇所しかなく、夏場はしんどい

  • 可能なら出入り口が前後に2箇所あるテントを選ぶと、通気性だけでなく利便性も上がるので良いです

<<その1へ戻る

その3へ続く>>