手放したキャンプ道具たち テント・タープ編 その11

手放したテント#18を紹介します。

<<その10へ戻る

テント#18【LOCUS GEAR Khafra Sil】

2017年1月、ソロ用として購入。

出典:LOCUS GEAR

過去に使用したミニピーク2よりも大きくて軽いモノポールを物色してたどり着いたシェルターです。

ローカスギア…アウトドア用品のガレージカンパニーです。

素材、デザインにこだわりが強くてコアなファンが多いと聞きます。

私もローカスギアの製品はどれもデザインが好みで、現在もガイロープとペグはこちらで全て揃えています。

▼シルナイロンのぬるぬるとした手触り感は病みつきになります。

▼収納サイズ:A4用紙との比較

サイズ

  • 幅280cm x 奥行き280cm x 高さ170cm
  • 収納サイズ:直径12cm×長さ30cm
  • 重量:0.75kg(ペグ、ポール、インナー含まず)

長所

  • 設置撤収が早い
  • 室内が広く荷物の収納も余裕がある(ミニピーク2比)
  • 軽い
  • オプションが豊富
  • フォルムが美しい

短所

  • 片面開き
  • 通気性が悪い
  • シーム処理がされていない
  • オプションが高い

コメント

前回紹介したDoDのライダーズワンポールテントの時に記述しましたが、モノポールの形状は4角形がベストだと思います。

4角形だとペグは少なくて済み、室内のデットスペースも少なくなるので快適です。

ミニピーク2のように両面開きだと通気性も良くなって完璧だと思い、ダメ元で両面にファスナーつけてちょーだいってカスタムの依頼をメールしたら、速攻でお断りの返事がきました(^^)

1kgを切る軽量シェルターなので、バイクでの運搬は全く問題ありませんが、実際に使用するには状況によってメッシュインナーやグランドシートが必要です。メーカー専用のオプションで揃えると、かなり価格が跳ね上がります。

受注生産なので、発注から到着まで2ヶ月ほどかかりました。

シーム処理がされていないので、シルナイロン用のシームシールを自分で塗る必要があります。

この作業って結構面倒で、シールが乾くまでにかなり時間がかかり、全ての処理と乾燥まで1ヶ月ほどかかりました。

現在はシーム処理をされたKhafra HBというパッケージ商品がラインナップされているので、1から揃えるならこちらの方がおすすめです。

正直なところ、商品を待ってる2ヶ月間に熱が冷めてしまったことと、モノポールタイプのテントよりも、やっぱりドーム型の方がバイクツーリングには総合的に便利だと判断し、一度も使用せずオークションへ流してしまいました(^^)

<<その10へ戻る

その12へ進む>>