GoPro HERO9のMAXレンズモジュラーを徹底検証して絶望した【モトブログ】

GoPro HERO9のオプションである「MAXレンズモジュラー」をモトブログ目線で徹底チェックしてみました。

果たしてこの大人気オプションの実力はいかに?

結論を言うと、微妙な製品です。

購入を検討している方は、最後まで読むと救われるでしょう^^;

関連記事 GoPro HERO9 モトブログ検証・問題点まとめ 【GoPro MAX・HERO8比較あり】

MAXレンズモジュラーとは?

GoPro HERO9専用のオプションで、次のような特徴があります。

  • 画角が14mm相当(Max SuperView)
  • 360度の水平維持が可能

▼まとめるとこんな感じです。赤字が優れている方。

HERO9 + MAXレンズ HERO9
最大画角 14mm
(MAX SuperView)
16mm
(SuperView)
水平維持画角 14mm
(MAX SuperView)
19mm
(リニア)
水平維持角度 360° 45°
60FPSの最高解像度 2.7K 4K
重量(実測値) 223g 193g

モトブログは広い画角で撮影すると爽快感が増します。

水平維持機能は、文字通りカメラを傾けても水平を維持してくれる機能。

画角と水平維持がパワーアップするので、MAXレンズはモトブロガーさんにとって必須オプション!(と、思っていました^^;

デメリットは撮影できる最大解像度が下がってしまうこと。

▼あと、本体がかなりデカくなることでしょうか^^;

まとめ動画

【この動画の目次】
**画角・ゆがみチェック**
00:15 HERO9+MAXレンズモジュラー vs GoPro MAX MAX SuperView
01:42 HERO9+MAXレンズモジュラー vs SuperView
03:18 HERO9 SuperView vs 広角
04:12 HERO9 SuperView vs リニア

**画質チェック**
05:12 HERO9+MAXレンズモジュラー vs GoPro MAX

**ブレ・水平維持チェック**
06:13 HERO9+MAXレンズモジュラー vs GoPro MAX
06:33 HERO9+MAXレンズモジュラー vs SuperView
06:55 HERO9+MAXレンズモジュラー vs リニア
07:18 HERO9 SuperView vs リニア
07:41 HERO9 SuperView vs 広角

08:04 まとめ

開封チェックと装着

▼箱

▼内容物(レンズクリーナー、レンズ本体、説明書類2部)

▼レンズケース

▼レンズ裏側

▼標準レンズカバーを回して外す

 

▼レンズ装着時

サイズチェック

ノーマルHERO9との大きさチェック

▼真上から

重量チェック

▼レンズモジュラー装着時(バッテリー装着済)

▼ノーマル(バッテリー装着済)

画角チェック vs ノーマルHERO9

▼なんと!MAXレンズをつけても画角は劇的に広くなりません!

画像クリックで拡大

ほとんど変わらない … というか微妙に狭くなります!

▼特に縦幅がMAXレンズを付けると狭くなる!

画像クリックで拡大

横幅も狭くなっているように見えますが、標準レンズ+SuperViewの映像が「横に引き伸ばされている」のが原因と思われます。

ただし!

▼標準レンズのSuperViewモードで顕著だった「ゆがみ」が抑えられています。

画像クリックで拡大

つまりこのレンズは標準レンズ+SuperViewモードの「ゆがみ」を補正するパーツだと思います。

標準レンズのSuperViewって16mm相当なのですが … MAXレンズの14mmの方が狭い^^;

なんだかよくわからない製品なので、購入を検討している方は注意した方が良いでしょう。

GoPro MAXと比較してみた

HERO9+MAXレンズと同じく、MAX SuperViewを使えるGoPro MAXと比較してみましょう。

性能比較

赤字が優れている

HERO9 + MAXレンズ GoPro MAX
画素数 20M
16.6M
最大解像度(16:9) 2.7K / 60FPS 1080p / 60FPS
MAX SuperView画角 14mm 13mm
ブレ補正 MAX HyperSmooth
バッテリー容量 1,720mAh 1,600mAh
防水性能 5m 5m
外部マイク ※対応 非対応

MAXレンズを取り付けると防水性能が5mになります(非装着時は10m)。

HERO9の外部マイクは、この記事を書いている2020年11月15日時点で、使いにくいメディアモジュラーを使う必要あり。

>>従来の外部マイクアダプターは2020年11月中にアップデートで対応予定とのこと。

関連記事 GoPro HERO9のメディアモジュラーはやっぱりモトブログと相性が悪かった

GoPro MAXが優れている点は、(スペック上は)画角だけですね。

でも、このレンズを使う目的って画角を広くすること。

画角は最重要ポイント!

画角チェック

上の比較表どおり、GoPro MAXの方が広い。

▼14mmと13mmの差ってこんなに違うのかと実感しました。

画像クリックで拡大

MAXレンズってホントに14mmなのか疑わしいです。

画質チェック

1080Pの解像度では、特に違いを感じられませんでした。

▼画像の左側部分は3倍ズームしてます。

画像クリックで拡大

サイズ比較

▼全て実測値です。赤字が優れている。

HERO9+MAXレンズ GoPro MAX
70mm 61mm
奥行 44mm 44mm
高さ 49mm 72mm
重量 223g 208g

GoPro MAXの方が軽い^^;

▼公平を期すために、GoPro MAXは片面のレンズカバーを装着した状態。レンズの突起部分までを計測。

▼横から

▼レンズの大きさの違い

▼GoPro MAXの重量(片面のレンズカバー・バッテリー装着時)

検証のまとめ

▼検証の結果をまとめると次のとおり。

  1. 画角優先ならGoPro MAX
  2. 画質優先ならHERO9+MAXレンズ(たぶん)
  3. 運用性ならHERO9+MAXレンズ

①の画角は検証した通り。

ワイコンとして買ったけど、思ってたんと違った!って人は絶対に多いと思います。

②の画質ですが、2.7Kで撮影できるHERO9の方が良いでしょう。

③の運用性について。

自分の声も入れたいモトブロガーさんにとっては、アップデートで対応予定の「HERO9+MAXレンズ+外部マイクアダプター」で、従来機種と同じ運用ができるのが最大のメリット。

ただし、外部マイクアダプターやメディアモジュラーを付けると、防水ではなくなります。

一方、画角の優れるGoPro MAXは外部マイクが繋がらないので、自分の声も録音したいモトブロガーさんは、ひと工夫必要

▼詳細は関連記事をご覧ください。

関連記事 【実践編】GoPro MAXでモトブログをする方法【雨でもOK】

HERO9+MAXレンズモジュラーのデメリット

▼使ってみて思ったMAXレンズモジュラーのデメリットは3つ

  • ほとんど画角は広くならない
  • かさばる
  • 重い

前提として、モトブログ目線でこの記事を書いています。

まず、MAXレンズは画角を広げる「ワイドコンバーター」と期待して買うと絶望します。

肝心な画角の広さはGoPro MAXの勝ち

そして、レンズ装着時の出っ張り具合はかなり邪魔で気を使う^^;

重量はかなりずっしりとします。

HERO9+MAXレンズモジュラーのメリット

一方、メリットは以下のとおりです。

  1. 超広角で水平維持ができる
  2. 超広角で「ゆがみ」の無い映像が撮れる

① 超広角で水平維持ができる

標準レンズで水平維持が使えるのは「リニア」のみです。

リニアの画角は19〜34mm。

検証動画をみていただければ分かると思うのですが、「リニア」は画角が狭すぎで「ゆがみ」も目立ちます。

なので、水平維持を使いたいのならMAXレンズモジュラーは必須

② 超広角で「ゆがみ」の無い映像が撮れる

画角はGoPro MAXやHERO9標準レンズのSuperViewよりも狭くなるのですが、それでも他メーカーのアクションカムより広角。

広角マニアならMAXレンズモジュラーは必須でしょう。

画角優先なら微妙な製品

この記事のまとめです。

この製品を検討している人って、画角が広くなることを期待しているのではないでしょうか?

でも、使ってみて分かりましたが、画角は広くなりません。

ちょっと残念な製品です。

しかし、上記のメリットを考えると、HERO9のオーナーであれば必須オプションであることは間違い無いでしょう。

以上、参考になれば幸いです。


関連記事 GoPro HERO9 モトブログ検証・問題点まとめ 【GoPro MAX・HERO8比較あり】

関連記事 GoPro HERO8、HERO9を安定動作させるコツ(熱暴走、外部マイクトラブル対策)