GeForce RTX 3050のゲーム性能をテスト

入門者向けとして販売されているGeForce RTX 3050をいろいろテストしてみました。

結論を言うと、フルHDゲーミングならかなり使える … っていうかコレで十分でしょ!という感じです。

詳しくチェックしてみましょう!

目次

GeForce GTX 1660 SUPERと性能比較

RTX 3050と同じ入門者向けゲーミングPCに搭載されるGTX 1660 SUPERと比較すると、このようになります↓

RTX 3050GTX 1660 SP
3DMarkスコア1584916332
世代AmpereTuring
RTX 3050より一つ古い
論理性能
TFLOPS
9.09 5.02
TDP130W125W
ビデオメモリ8GB6GB
レイトレーシングX
DLSSX

ベンチマーク上は世代の古いGTX 1660 SUPERの方が高い数字を出しますが、実際はレイトレーシングとDLSSに対応したRTX 3050の方が良いです。

特にDLSSは大幅にフレームレートをブーストできるので、RTX 3050の方がかなり有利。

DLSSは対応したゲームのみしか使えない機能ですが、少しずつ対応ゲームも増えてきているので、今選ぶならRTX 3050の方が圧倒的におすすめ。

逆に、レイトレーシングやDLSSに対応していないゲームで比較すると、GTX 1660 SUPERの方が少し良い … という感じです。

快適に遊べるフレームレートの目安

快適にゲームを遊ぶフレームレートの目安は、こちらの表を参考にしてください↓

スクロールできます
ゲームの重さタイトル例快適に遊べる目安
軽量級レインボーシックス・シージ
VALORANTなど
200fps
中量級Apex Legends
フォートナイトなど
120fps
重量級サイバーパンク2077など60fps

快適に遊べる目安として、Apex Legendsなどの対戦ゲームならフレームレートは「120fps以上」が理想的

ガッツリやり込んで上位ランクを狙うなら200fps前後あると狙い撃ちがしやすいです。

競技性の低いゲーム(シミュレーション、アドベンチャーなど)なら60fpsあればOKです。

重量級ゲームでフレームレート60fpsが出れば、ほとんどのゲームを快適に遊べます。

RTX 3050のゲーム性能チェック

検証は以下の環境で行いました。

計測環境
  • 【CPU】Core i5-12400
  • 【GPU】RTX 3050
  • 【メモリ】16GB
  • 【画質】最高設定

次は、実際にRTX 3050のフレームレートを以下のゲームを使用して計測します。

  • 【軽量級】VALORANT
  • 【中量級】Apex Legends
  • 【重量級】サイバーパンク2077

【軽量級】VALORANT

e-SportsタイトルのVALORANTは、非常に軽いゲームとして有名です。

フルHDなら平均300fps以上を軽く叩き出すので、WQHDや4K解像度でも十分に遊べる性能です。

他の軽量級ゲームとしては、レインボーシックス シージなどがあります。

【中量級】Apex Legends

Apex Legendsも快適に遊べる120fps以上でプレイできます。

グラフィック設定を最高にしてこのスコアなので、もう少し設定を落とせば180fps前後で遊べます。

他の中量級ゲームとしては、フォートナイト、PUBGなどがあり、多くのゲームはこのクラスになります。

問題ないパフォーマンスと言えるでしょう。

【重量級】サイバーパンク2077

レイトレON/DLSS OFF
レイトレOFF/DLSS ON(ウルトラ)
レイトレDLSSフレームレート
OFFOFF55
ONOFF24
ONON
自動
41
ONON
ウルトラ
75
OFFON
自動
64
OFFON
ウルトラ
110

重たいゲームとして超有名なサイバーパンク2077は、レイトレーシングとDLSSに対応しています。

すべての組み合わせをチェックしたところ、フレームレートは24fps〜110fpsまで変化しました。

もちろん、グラフィックオプションは「てんこ盛り」の最高設定です。

レイトレーシングとDLSSがOFFの状態が55fpsなので、重たいゲームでも競技製の低いものなら普通に遊べる性能です。

実際のところDLSSはウルトラパフォーマンスにしても画質の劣化は感じません。

逆にレイトレーシングは効果がイマイチわからないので、基本的にはDLSSだけ使えば良いかな … という感じです。

もちろん、DLSSに対応したゲームでないと意味ありませんが、対応ゲームは増えてきているので問題ないでしょう。

ライバルのGTX 1660 SUPERはDLSSに対応していないので、60fpsあたりのスコアになるはずです。

【まとめ】RTX 3050はかなり遊べるグラボ

総合的にRTX 3050は思っていた以上に高性能でした。

フルHDゲーミングなら、かなり良いグラボと言えるでしょう。

10万〜15万円クラスのPCに採用されているので、購入を検討している人は迷わずゲットしてOKです。

以上、参考になれば幸いです。

>10万〜15万円で買えるゲーミングPCを見る

よかったらシェアしてね!
目次