RTX 3060のゲーム性能レビュー 4つのCPUで比較

BTOゲーミングPCでよくある以下の構成で、「ゲーム性能」と「クリエイティブ性能」を検証しました。

  • Core i7-13700/F+RTX 3060
  • Core i7-12700/F+RTX 3060
  • Core i5-13400/F+RTX 3060
  • Core i5-12400/F+RTX 3060

CPUの違いによるパフォーマンスの差も分かります。

ゲーミングPCの購入や、自作PCの構成を検討している人は参考にしてください。

目次

検証用PCのスペック

OSWindows 11 Home
CPU・Core i7-13700
Core i7-12700F
・Core i5-13400F
・Core i5-12400F
CPUファン空冷式
AINEX SE-224-XTA
GPURTX 3060
ASUS PH-RTX3060-12G-V2
メモリ32GB
DDR4-3200 16GB x 2
マザーボードH670チップセット
ASRock H670 PG Riptide
電源850W
80PLUS GOLD

一般的なBTOゲーミングPCと同じ構成で、特別すごいパーツは使っていません。

クリエイティブ性能チェックのため、メモリを32GBの大盛りにしています。

電源容量はRTX 3060の場合、550WあればOKです。

CPUのPL1消費電力は65Wに設定して計測しました。(BTOパソコンと同じ設定)

テストPCは見た目が違うだけで、BTOパソコンと同じ仕様です!

CPU名の最後にあるF(例:Core i7-12700F)は内蔵GPU機能があるかどうかです。

ゲーミングPCの場合はグラボを積んでいるので、実用上は12700Fと12700に違いはありません。

より詳しい解説は、関連記事を参考にしてください。

CPU性能チェック

赤:優れている

Core i7-13700Core i7-12700Core i5-13400Core i5-12400
世代第13第12第13第12
Pコア数8866
Eコア数844
スレッド数24201612
定格クロック2.1GHz2.1GHz2.5GHz2.5GHz
ブーストクロック5.2GHz4.9GHz4.6GHz4.4GHz
L3キャッシュ30MB25MB20MB18MB
熱設計電力65W65W65W65W
最大消費電力219W180W148W117W

第13世代のCore i7-13700と13400は、第12世代のCore i7-12700と12400からEコア数、L3キャッシュ容量などを強化したマイナーアップデート版です。

基本設計は第12世代と同じなので、マザーボードもすべてのCPUで同じ物が使えます。(出荷タイミングによってBIOSのアップデートが必要)

第13世代CPUはパワーアップしたけど、フルパワー時の消費電力が上がっているのがデメリットです。

PassMarkによる性能比較
タップして拡大

主要CPU性能の比較グラフです。(2023年2月時点)

ここでは各CPUが全体でどのくらいの順位なのかを、ふ〜んと眺めるだけでOKです。

グラフだけで判断すると、第13世代CPUは第12世代より大幅にパワーアップしてます。

ベンチマークソフトはCPUの性能を100%使い切るかなり意地悪いじわるなテストをします。

実際の運用では、このようなCPUの使い方をすることはありません。

特にゲームや普段使いだと、グラボ(GPU)ばかり働いてCPUはひましていることが多いです。

あくまでCPU性能の順番として参考にしてください。

ゲーム中のCPUとGPUの使用率
タップして拡大

グラフィック性能チェック

タップして拡大

RTX 3060はミドルクラスのGPUで、特にフルHD解像度のゲームに強いです。

画質を調整すればWQHD/4Kでもプレイできるので、コスパ良くPCゲームを始めたい人におすすめ。

特に「レイトレーシング」と「DLSS」の機能が優秀。リアルな映像でヌルヌル動くゲーム体験ができます。

レイトレーシングについて

光と影の表現力を上げてリアルな描写を可能にする機能です。

対応したゲームなら表現力が格段に上がって美しい映像になりますが、フレームレートは半分くらいに落ちるのがデメリット。

競技性の高いFPSゲームよりもアクションアドベンチャーのような美麗な映像をまったり楽しむゲームに向いた機能です。

DLSSについて

DLSSはAI技術を使ってフレームレートをブーストする機能です。

低解像度の映像を高解像度にアップスケールする仕組みで、理論上は画質を少し犠牲にしますが、ほとんどの人は気にならないと思います。

DLSSはNVIDIAのスーパーコンピューターを利用して、常にAIモデルのチューニングがされています。

最新のAIモデルはGeForce Game Readyドライバーを通して配信され、時間が経つごとにパフォーマンスが向上していく優れた機能です。

レイトレーシングと組み合わせれば、弱点であるフレームレートの減少も抑えることが可能。

DLSSに対応したゲームなら、基本的に有効にすることをおすすめします。

※ゲームによってはデフォルトでDLSS ONになっていることもあり

ゲーム性能チェック

以下のゲームをテストしました。

  • 【軽量級】VALORANT
  • 【軽量級】レインボーシックス シージ
  • 【中量級】Apex Legends
  • 【重量級】Forza Horizon 5
  • 【重量級】アサシンクリードヴァルハラ
  • 【重量級】サイバーパンク2077
  • 【重量級】Marvel’s Spider-Man Remastered

快適にゲームを遊ぶフレームレートの目安は、こちらの表を参考にしてください↓

スクロールできます
ゲームの重さタイトル例快適に遊べる目安
軽量級レインボーシックス・シージ
VALORANTなど
120fps〜
中量級Apex Legends
オーバーウォッチ2
フォートナイト(DX11)など
多くのFPSゲーム
120fps〜
重量級アサシンクリード ヴァルハラ
サイバーパンク 2077など
多くのオープンワールドゲーム
60fps〜

最近のゲームはグラフィックスに凝ったものが多いので、基本的に重量級が快適に動作するPCを選ぶのがおすすめ。

【軽量級】VALORANT

設定
  • 【画質】デフォルト

屋外射撃場の固定ルートを銃を撃ちながら移動した平均フレームレート

タップして拡大

十分すぎる性能です。

このゲームだけを楽しむなら、もっと低いスペックのPCで十分だと思います。

CPU対決!

軽いゲームはGPUの負荷が少ないので、CPUパワーの差がハッキリ出ます。

ただし、2023年2月時点では、フルHD/400fpsや4K/200fpsとか表示できるモニターが存在しないので、実用上はCore i5-12400で十分です。

【軽量級】レインボーシックス シージ

設定
  • 【画質】最高

ゲーム内のベンチマークモードで計測

タップして拡大

十分すぎる性能!ヌルヌル動きます。

プロゲーマーも納得の性能です。

CPU対決!

フルHDはGPUの負荷が少ないので、CPUがよく働きます。

WQHD/4Kは誤差レベル。

【中量級】Apex Legends

設定
  • 【画質】デフォルト(テクスチャ極など、ほぼ最高設定)

射撃場の固定ルートを30秒間走りまくった平均フレームレートを計測

タップして拡大

※実際のマッチでは少しフレームレートが落ちます。

中量級ゲームの代表であるApex Legendsは、フルHDだと快適に遊べる120fps以上のスコア。

PS5などのゲーム機よりも良いパフォーマンスです。

その他の中量級ゲームとしては、次のようなものがあります。

  • オーバーウォッチ2
  • PUBG
  • フォートナイト(DX11モード)
    ∟ DX12モードは重量級

競技性の高いFPSゲームが好きな人に最適です。

CPU対決!

CPUの違いによるフレームレートの差は、誤差レベルだと思います。

中量級以上のゲームになるとグラフィックスも凝っているので、CPU 30〜50%、GPU 100%の使用率で動作します。

ほとんどGPUが仕事するので、CPU性能の差は出にくいですね。

【重量級】Forza Horizon 5

設定
  • 【画質】高/エクストリーム
  • 【レイトレーシング】ON
  • 【DLSS】ON

ゲーム内のベンチマークモードで計測

レイトレーシングとDLSSに対応したオープンワールドレースゲームです。

画質【高】と【エクストリーム】でチェックしました。

タブを切り替えて結果を見てください↓

タップして拡大

画質プリセットを「高」にすると、レイトレーシングの品質は【中】になります。

特に画質が落ちている感じはしないので、パフォーマンス重視ならこの設定がおすすめ。

4Kまで快適に遊べます。

CPU対決!

画質【高】GPUの負荷が少ないフルHDでCPUパワーが影響してますが、どのCPUでも快適に遊べます。

画質【エクストリーム】GPUの負荷が高いので、CPUが暇してます。誤差レベル。

【重量級】サイバーパンク 2077

設定
  • 【画質】ウルトラ/RTウルトラ
  • 【DLSS】ON

ゲーム内のベンチマークモードで計測

こちらもレイトレーシングとDLSSに対応した有名な激重ゲームです。

レイトレーシングOFFの「ウルトラ画質」と、ONの「RTウルトラ画質」をチェックしました。

また、DLSSの強度をMAXにした「DLSSウルトラ画質」も計測したので参考にしてください。

タップして拡大

フルHDなら十分なフレームレートです。

個人的にこのゲームはレイトレーシングの効果がイマイチ分かりにくいと思います。

レイトレーシングを使わなくても十分キレイなので、RTX 3060ならこの設定がおすすめ。

CPU対決!

誤差レベルです

【重量級】アサシンクリード・ヴァルハラ

設定
  • 【画質】高/最高

ゲーム内のベンチマークモードで計測

このゲームはレイトレーシングとDLSSに対応していません。

レイトレ/DLSSに対応していない超重いゲームは、大体このくらいで遊べるという目安にしてください。

画質プリセット【高】と【最高】で計測しました。

タップして拡大

フルHD/WQHDで快適に遊べるフレームレートです。

画質は「高」でも十分キレイです。この設定がおすすめ。

CPU対決!

誤差レベルです

【重量級】Marvel’s Spider-Man Remastered

設定
  • 【画質】非常に高い
  • 【DLSS】ON

固定ルートを30秒間飛び回った平均フレームレートを計測

このゲームもレイトレーシングとDLSSに対応した重めのタイトルです。

画質「非常に高い」で、レイトレーシングON/OFFを計測しました。

タップして拡大

フルHD/WQHDまで快適に遊べるフレームレートです。

画質を少し落とせば4Kでも問題なし。

このゲームはレイトレーシングの効果が良くわかるので、なるべくレイトレONがおすすめ。

CPU対決!

誤差レベルです

クリエイティブ性能チェック

動画編集と写真編集の能力をチェックしました。

Premiere Pro

4Kで撮影した10分間の動画を編集して、フルHDと4Kにエンコードした時の処理時間です。

レンダラーは「GPUアクセラレーション(CUDA)」を使用。

※ソフトウェアレンダリング(CPUエンコード)にすると、i7-13700で25分もかかります

4K→4Kエンコード
YouTube 2160p 4KUHD
Core i7-13700
5分53秒
Core i7-12700
6分08秒
Core i5-13400
5分52秒
Core i5-12400
6分07秒

第13世代CPUが優秀↑

4K→フルHDエンコード
YouTube 1080p FHD
Core i7-13700
3分41秒
Core i7-12700
4分00秒
Core i5-13400F
4分09秒
Core i5-12400F
5分11秒

どのCPUの組み合わせでも、10分の実時間より早くエンコードができるので快適です。

CPU対決!

クリエイティブ系の処理は第13世代が素晴らしいスコア。

特に4K→4KエンコードのCore i5-13400が良いです。

RAW現像

Lightroom Classicを使って有効画素数2010万(SONY RX10M4)のRAWデータ100枚を現像しました。

RAW現像 100枚
Core i7-13700
21.53秒
Core i7-12700
23.14秒
Core i5-13400
26.85秒
Core i5-12400
26.01秒

サクサク処理できます。

書き出し条件はこちらです↓

画像形式JPEG
画質100%
解像度350px/インチ
CPU対決!

RAW現像はCore i7の方が強いですね。

さすがに最上位のi7-13700が一番良いスコアです。

ただ、RAW現像をイッキに100枚する人ってどれだけいるのだろう??

5枚程度だったら、どのCPUでもまばたきしている間に処理が終わります。

Core i7とCore i5どっち?

ゲームだとほとんどGPUが仕事をするので、Core i7とCore i5の差は出にくいです。

ゲーム中のCPU/GPUの使用率を見てみると、このようになります↓

Core i7-13700/12700

タップして拡大
タップして拡大

Core i5-13400/12400

タップして拡大
タップして拡大

ゲームのパフォーマンスはほぼ同じですが、Core i7は余裕があります。

ライブ配信など、ゲームの他に複数のアプリを動かす人はCore i7がおすすめ。

逆に、ゲームと普段使いだけならCore i5で十分です。

また、第13世代と第12世代は基本設計が同じなので、ぶっちぎりに第13世代のパフォーマンスが良いわけではないです。

自分の利用目的に合わせてお好みで選んでください。

RTX 3060の構成まとめ

まとめると、こんな感じです↓

RTX 3060まとめ

  • フルHD>FPSゲームが快適
  • WQHD>競技性の低いゲームならOK
  • 4K>画質を調節すればOK
  • レイトレーシング>ゲームによって画質の調整が必要

CPUまとめ

  • ゲームパフォーマンスは変わらない
  • 第12世代がコスパ良くておすすめ

GPUのRTX 3060については、フルHDでゲームをする人ならほとんどのタイトルを快適に遊べます。

これからPCゲームを始めたい人に最適。

CPUについては、基本的に新しい方が良いです。

ただし、「第13世代」と「第12世代」の体感差はゲームだと「まったく」ありません。

新CPUの恩恵は、主にRAW現像や一部のレンダリング系など、クリエイティブ処理に活きているようです。

すでに第12世代CPUを使用している人は、アップグレードする必要はないでしょう。

BTOパソコンだと「Core i5-12400/i7-12700+RTX 3060モデル」の価格が安く、たまに大幅値引きのセール品も見かけます。

コスパ優先なら12400/12700モデルで十分すぎる性能です。

以上、参考になれば幸いです。

おすすめゲーミングPC 早見表

更新:2023年3月20日

スマホはスクロールできます→

価格GPUCPUメモリストレージメーカー
112800円RTX 3050Core i5-12400F16GB512GBフロンティア
135800円RTX 3060Core i5-12400F16GB512GBフロンティア
149800円RTX 3060TiCore i5-1240016GB500GBPC工房
150660円RTX 3060Core i7-12700F16GB1TBHP OMEN
158800円RTX 3060TiCore i5-13400F16GB512GBフロンティア
162800円RTX 3060TiCore i5-13400F16GB512GBフロンティア
189800円
セットモデル
RTX 3060Core i5-12400F16GB500GB
(爆速)
マウス
199800円RTX 3070Core i7-12700F32GB1TBフロンティア
205460円RTX 3060TiCore i5-13400F16GB1TB
(爆速)
サイコム
225060円RTX 3070Core i7-12700K16GB1TB
(爆速)
HP OMEN
236800円RTX 4070TiRyzen 7 5700X32GB1TBフロンティア
239800円RTX 4070TiRyzen 7 5700X32GB1TBストーム
249800円
セットモデル
RTX 3070Core i7-12700F16GB500GB
(爆速)
マウス
255800円RTX 4070TiCore i7-12700F32GB1TBフロンティア
272800円RTX 4070TiCore i7-13700F32GB1TBフロンティア
279800円RTX 4070TiCore i7-13700F32GB1TBフロンティア
282000円RTX 4070TiCore i7-1370032GB1TBストーム
よかったらシェアしてね!
目次