GeForce RTX 3070TiのレイトレーシングとDLSSのテスト

GeForce RTX 3070Tiを使用して、レイトレーシングとDLSSを組み合わせてテストしてみました。

  • 【ゲーム】サイバーパンク2077
  • 【解像度】フルHD
  • 【画質】最高設定
  • 【CPU】Core i7-12700KF
  • 【GPU】RTX 3070Ti

サイバーパンク2077は「激重」と呼ばれている重量級ゲームです。

このゲームでフレームレート60fps以上を出せるPCは、かなりの性能と言えます。

詳しくチェエクしてみましょう!

目次

快適にゲームを遊べる目安とは?

快適に遊べる目安として、Apex Legendsなどの対戦ゲームならフレームレートは「120fps以上」が理想的

ガッツリやり込んで上位ランクを狙うなら200fps前後あると狙い撃ちがしやすいです。

競技性の低いゲーム(シミュレーション、アドベンチャーなど)なら60fpsあればOKです。

RTX 3070Tiはパワーモリモリで、多くのゲームを120fps〜240fps以上で遊べます。

ただし、重たい処理のゲームは、RTX 3070Tiのパワーを持ってしても厳しいことがあります。

そこで、最も重たいゲームとして有名なサイバーパンク2077を使用してテストしてみました。

レイトレーシング「ON 」「 OFF」の比較

最初にレイトレーシングの効果をチェックしてください↓

>>原寸サイズの比較画像(別ウインドウ)

一見すると分かりにくいかも … ですが、車の塗装と助手席の窓の反射に違いがあります。

次は、以下の4つのパターンでチェックします。

  • レイトレ:OFF|DLSS OFF
  • レイトレ:OFF|DLSS ON
  • レイトレ:ON|DLSS OFF
  • レイトレ:ON|DLSS ON

レイトレ:OFF|DLSS OFF

もっとも標準の状態ですが、普通に綺麗な映像です。

フレームレートも100fps以上出ているので、快適に遊べます。

レイトレ:OFF|DLSS ON

DLSSをONにするとフレームレートが上がります。

画質は劣化するはずですが、ぱっと見わからないと思います。

レイトレ:ON|DLSS OFF

レイトレーシングをONにするとフレームレートが半分に下がります。

シーンによってはレイトレON/OFFの違いがまったくわからないと思います。

実際には「車の助手席の窓とボンネットの反射」が少し違います。

レイトレ:ON|DLSS ON

レイトレーシングとDLSSをONにすると、フレームレートは80fpsくらいになります。

こちらもDLSSを使っているので画質が落ちているハズですが、ぱっと見わかりません。

まとめ

最後にまとめの画像です。

>>原寸サイズの比較画像(別ウインドウ)

レイトレDLSSフレームレート
OFFOFF103
OFFON116
ONOFF50
ONON79
RTX 3070Ti+Core i7-12700K

結論としてはDLSSはかなり優秀で、ほとんど画質の劣化を感じません。

また、レイトレーシングはフレームレートが激しく落ちるだけでなく、効果が良くわからないことが多いです。

基本的には【レイトレ:OFF】【DLSS:ON】の組み合わせで遊ぶのがベストかなと。

DLSSは単純にフレームレートを大きくブーストできるので、対応したゲームなら常時ONにすることをおすすめします。

>RTX 3070TiのおすすめPCを見る

よかったらシェアしてね!
目次