RTX 4070Tiで選ぶ!2月のおすすめゲーミングPC セールで安いBTOモデルのまとめ

更新:2023年2月3日

GeForce RTX 4070Tiを搭載したゲーミングPCについてまとめたページです。

RTX 4070Tiの特徴や、失敗しない選び方のポイント、デメリットなどを解説します。

購入を検討している方は、ぜひ参考にしてください。

しっかり読んで「お宝モデル」をゲットしよう!

目次

GeForce RTX 4070Tiの性能をざっくりチェック

まずはGeForce RTX 4070Tiについて、3つのポイントを簡単にまとめます。

  • RTX 40XXシリーズの性能と価格の目安
  • デメリット
  • 主なゲームの参考フレームレート

RTX 40XXシリーズの性能比較と価格の目安

スクロールできます
GPUメモリ論理性能
FP32 TFLOPS
TDP
熱設計電力
メモリ
バス幅
PCの価格
2月調査
RTX 409024GB82.58450W384bit49万〜
RTX 408016GB48.74320W256bit37万〜
RTX 4070Ti12GB40.09285W192bit26万〜
RTX 3090Ti24GB40450W384bitなし
RTX 309024GB35.58350W384bitなし
RTX 3080Ti12GB34.1350W384bitなし
RTX 308010GB29.77320W320bit27万〜
RTX 3070Ti8GB21.75290W256bit20万〜

前世代のハイエンドモデル「RTX 3090Ti」とほぼ同じ論理性能でありながら、消費電力が「RTX 3070Ti」よりも低いのが特徴。

PCの価格もRTX 3080搭載モデルより安く、セール品を狙えば30万円以下で買えます。

より詳しい性能やPS5などとの比較、レイトレーシングについては、こちらの記事を参考にしてください↓

RTX 4070Tiのデメリットは?→無し

メモリバス幅が192bitと、このクラスのGPUとしては少し狭いのがデメリットに見えますが、実際に使ってみたところ、ほとんど「影響ない」です。

フレームレートをブーストする「DLSS」の能力が大幅にUPしており、RTX 40XXシリーズで使えるフレーム生成機能によって、DLSS使用時は4KでもRTX 3090Tiを最大30%上まわるスコアを叩き出します。

DLSS3でRTX 3090Tiより30%優れている
DLSS3ゲームは2023年1月時点で50ゲーム以上が対応予定

例えば、ウィッチャー3ワイルドハントはDLSS3に対応したゲームです↓

DLSS 2(84fps)
Witcher3(レイトレON/2560 x 1080)
タップして拡大
DLSS 3(140fps)
Witcher3(レイトレON/2560 x 1080)
タップして拡大

DLSS2だと84fps程度ですが、DLSS3にすると140fpsまで跳ね上がり、感動して絶叫&涙がちょちょぎれるクレイジーパフォーマンス。

RTX 30XX世代のグラボを過去の遺物にしてしまう強烈なパワーです。

ただし、DLSSが使えないゲームの場合、メモリ性能が弱い影響で4Kだと3090Tiより低いスコアになりますが、大型タイトルの多くはDLSS2に対応しているので、実用上はほとんど問題ないです。

消費電力や価格を考慮しても「かなり性能は良い」と言えます。

主なゲームの参考フレームレート

Apex Legends/フルHD

Apex LegendsはフルHDだと上限の300fpsに張り付きます。

競技性の高いe-Sports向けのFPSゲームは動作が軽めのものが多いので240〜360fpsでプレイできるはずです。

アサシンクリード・ヴァルハラ/4K

超美麗なグラフィックス&重たいゲームで有名なアサシンクリード・ヴァルハラは4Kで激しい動きをしても100fps前後で遊べてます。

その他、海外メディアのTechPowerUpによる主要25ゲームのフレームレート計測結果を引用します。

使用されたCPUは「Core i9-13900K」で、DLSSとレイトレーシングはOFFで計測したスコアです。

組み合わせるCPUによって結果は少し変わりますが、参考にしてください。

ちなみに、私はCore i7-12700Fですけど、所有しているゲームに関しては同じようなスコアでした。

※Core i9みたいなウルトラスペックCPUは必要ないです

▼フルHD

タップして拡大

25タイトルの平均フレームレートは219fpsです。

軽いゲームなら300fpsを楽勝で超える性能。

アサシンクリードヴァルハラやサイバーパンク2077のような超重たいゲームでも150fps前後で遊べます。

▼他GPUとの比較はこちらです。

タップして拡大

フルHDはRTX 3090Ti以上のパフォーマンスです。

WQHD(タップして見る)
タップして拡大

25タイトルの平均フレームレートは171fpsです。

200fpsを超えるゲームも多いので、WQHD/240Hzな高性能モニターとも相性が良いです。

タップして拡大

WQHDのパフォーマンスはRTX 3090Tiとほぼ同じ

4K(タップして見る)
タップして拡大

25タイトルの平均フレームレートは99fpsです。

サイバーパンク2077のフレームレートが44fpsになっていますが、DLSSを使えば80〜100fpsで遊べます。

タップして拡大

4KだとRTX 3090Tiには届かず、RTX 3090と同じくらいのパフォーマンスです。

競技性の高い対戦ゲームだと少しパワー不足ですが、映像美にこだわったアクションゲームなら十分な性能。

ただし、DLSSを使用しなかった時のスコアなので、DLSS2/DLSS3に対応したゲームなら結果は爆上がりし、RTX 3090Tiと同等〜30%増しのスコアになります。

4K/144Hzなハイスペックモニターとも相性が良いです。

総合すると、あらゆるゲームを快適に遊べる性能です。

RTX 4070Tiに「ちょうどいいCPU」の組み合わせは?

ゲーミングPCを買うきに重要なCPU選びについて整理します。

RTX 4070Tiには「8コア16スレッド以上」で動作するCPUがバランス良くておすすめです。

スクロールできます
CPUコア数スレッド数TDP
熱設計電力
PCの価格特徴
Core i7-13700/F162465W普通もっともおすすめ
Core i7-12700/F122065W安いコスパ重視
Core i7-13700K/KF1624125W高いフルスペック
Core i5-13400/F101665W安いコスパ重視
各CPUの解説はこちら
Core i7-13700/F

最新世代のCPUで、消費電力と発熱を抑えたハイスペックモデル。空冷で運用可能。

RTX 40XX世代にベストなCPU。

有り余るパワーが魅力で、ゲームの他にクリエイティブな作業もする人におすすめ。

Core i7-12700/F

1世代前のCPUだが、まだまだ現役で使える高性能CPU

新型のCore i7-13700/Fよりもピーク時の消費電力と発熱が低く、ゲーム時のパフォーマンスもほとんど変わらない。

PCの価格も安いのでコスパ優先ならベストな選択。

Core i7-13700K/KF

リミッター解除されたフルスペック版。

有り余るパワーが魅力だが消費電力と発熱がすごいので、簡易水冷クーラーでの運用を推奨。

最高を求める人におすすめ。

Core i5-13400/F

10コア16スレッドの最新CPUで、日常使いやゲームだけなら十分すぎる性能。

趣味レベルの動画編集など、CPUパワーが必要なそこそこ重たい作業もこなせます。

240fps以上の高いフレームレートで多人数参加型のゲームをする人や、ゲームプレイの動画配信、たくさんの画像処理もしたい人はもっと高性能なCPUがおすすめ。

PCの価格も安くなるので、利用目的によっては選択肢に入れるのも良いでしょう。

ゲームを楽しむだけなら、めちゃくちゃハイスペックなCPUは必要ありません。

Core i7
アサシンクリード・ヴァルハラ
Core i7-12700F+RTX 3070
2560 x 1080 WFHD
タップして拡大
タップして拡大
Ryzen 7
アサシンクリード・ヴァルハラ
Ryzen 7 3700X + Radeon RX 5700XT
2560 x 1080 WFHD
タップして拡大
タップして拡大

ゲームプレイではGPUの使用率がほぼ100%に張り付くものの、CPUは30%程度しか働いていません。

Core i7-12700の場合、瞬間的に90%を超えることはありますが、ゲームではCPUよりもGPUやストレージの方が重要です。

CPUは1年毎に新モデルが出ますが、性能が20%ほど良くなっても、ほぼ体感できません。

2023年にゲーム用途で選ぶCPUならCore i7-12700/Core i5-12400でも十分すぎる性能です。

  • CPU末尾のFとかKって何?
  • ゲーミングPCのCPUの役割って?

と思った人は、下記の記事で詳しく解説しています。

失敗しないゲーミングPCの選び方

PCを選ぶポイントについて要点を絞って解説します。

はじめてPCを買う人、買い替えを検討している人は参考にしてください。

★注目★おすすめメーカーランキング
スクロールできます
ショップ名価格注文時の
カスタム性
納期保証サポート
フロンティア
パソコン工房
サイコム
ストーム
ツクモ
HP OMENX

【1位】フロンティア

ヤマダ電気グループのBTO(受注生産)ショップ。

セールに強く、他のショップより数万円も安く販売している最安のPCショップ。

初期構成のスペックが高く、カスタマイズ不要で使い始められる余裕の性能がメリット

デメリットとして、セール品は延長保証をつけられない(1年保証のみ)。

延長保証が不要な人なら一番のおすすめ。(普通に使っていれば壊れません)

とにかく安いので、ゲーミングPCを買うなら最初にチェックすべきショップ。

【2位】パソコン工房

老舗しにせのiiyamaブランド「LEVEL インフィニティ」を販売するPCショップ。

シンプルな見た目、高い拡張性と冷却性が特徴で、価格も適正

多くのインフルエンサー/プロゲーマーとのコラボモデルが多く、実際に使用している有名人が多い。お気に入りがある人にとってはNo.1のブランド。

延長保証・サポートも充実していて、注文時のカスタム性も高い。

納期も早めで目立ったデメリットがない優良ショップ。

BTOパソコン・パソコン関連商品がお買い得!パソコン工房のセール

【3位】サイコム(Sycom)

「スタンダード型」「派手型」「静音型」「小型」など、多様なモデルを販売。

注文時にほとんどのパーツを交換できる高いカスタム性が特徴

使用されるパーツの型番がすべて公開されているので、完璧に自分好みの性能に合わせられる

パーツをダウングレードすれば安くなるので、コスパも良い。(OS無しにすれば25,000円ほど安くなる)

グラボまで独自に水冷化する高い技術力もポイント。

こだわり派」「自作が面倒な人」に一番のおすすめ。

【4位】ストーム(STORM)

絶妙なスペックのPCが多く、他のショップとは違った「かっこいいデザイン」が特徴

価格は良心的でコスパが良く、所有感の高いPCがゲットできる。

注文ページは初心者にもわかりやすい親切なデザインで、カスタムは特別な知識がなくても簡単にできるのがポイント。狙ったパフォーマンスを出しやすい。

デメリットとして、人気ショップなだけに在庫切れが目立つ。

「こだわりたい人」におすすめ。

【5位】ツクモ

こちらもヤマダ電気グループのBTOショップ。価格は1位のフロンティア並みに安い。

小型ゲーミングPCからパーツメーカーとのコラボモデルまで多様なラインナップが特徴。

BTOモデル(受注生産)と即納完成品の2パターンで販売。

BTOモデルは注文時のカスタム性が高く、狙ったパフォーマンスを出しやすい。

即納モデルは注文時のカスタムが不可。ただし、カスタム不要で使い始められる余裕ある性能になっている。

使用されるパーツの型番が一部公開されていて、購入前に細かい性能がわかるのもポイント。

入門者から上級者までおすすめ。

【6位】HP OMEN

ヒューレットパッカードが展開するゲーミングブランド「OMEN」シリーズ。

BTOショップでは真似のできない高いクオリティーのPCを販売している。

WindowsのエディションがProの場合が多く、リモート機能を使う人やお仕事に使う人にもおすすめ。

価格は国内BTOショップよりも高めだが、週替わりのセール品はかなり安い。

注文時にカスタムできないのがデメリットだが、初期構成でもかなり余裕ある性能になっている。

大手PCメーカーならではの特徴として、HP OMENユーザー専用のゲーミングPCに特化したカスタマーサポートもあり。

PCメーカーの製品が欲しい人、サポートが必要な人におすすめ。

その他、「マウスコンピューター」や「ドスパラ」なども良いショップです。

おすすめのメモリ容量は?

ゲームと普段使いが中心なら16GBで十分です。

ゲームプレイの動画配信や動画・画像編集など多目的に使う人は32GBがおすすめ。

メモリはあとから増設することも可能ですが、種類の違うメモリを追加すると思わぬトラブルに遭遇することがあるので、不安なら購入時に増設してしまいましょう。

また、メモリの種類にDDR4とDDR5がありますが、ゲームプレイでの性能差は誤差レベルなのでお好みで構いません。

電源の容量は変えた方がいいの?

どのメーカーのPCも電源はある程度の余裕があるものを搭載しています。

1〜2台のストレージ追加や、たくさんのUSBデバイスを繋げる程度なら変更する必要はありません。

注意点として、650Wと850Wの電源を比較した場合、650Wの方が省電力!・・・というわけではないです。

カバーできる容量の目安なので、CPU/GPU/メモリなどのパーツが同じなら消費電力に違いはありません。

3台以上のストレージ追加や、たくさんの拡張カードの追加、いつか自分で上位のGPU/CPUに交換したいと思っている人は、1ランク上の容量に変えておくと安心です。

電源には80PLUS BRONZE、SILVER、GOLD、PLATINUMなどの電力変換効率を表すグレードがあります。

上位グレードに変えてもPCの処理能力が上がるわけではありません。

特にこだわりがなければ、80PLUS GOLDが最もコスパが良いです。

延長保証って必要?

好みの問題ですが、迷ったら「延長保証は不要」です。

ゲーミングPCは普通のパソコンと違って耐久性の高いパーツで作られています。

正しい使い方をしていればトラブルが起きることはありません。

PCを壊さないための設置方法やメンテナンスのコツは、こちらの記事を参考にしてください↓

RTX4070Ti搭載 おすすめゲーミングPC

ここまでの解説を踏まえて、今買えるおすすめPCをご紹介します。

セール品を狙うとお得です。

セール中】フロンティア GA

CPUCore i7-12700F
GPUGeForce RTX 4070Ti
メモリ32GB
ストレージ1TB
高さ x 幅 x 奥行457 x 210 x 465
価格259,800円
ポイント
  • 余裕の32GBメモリ!
  • 黒と白から選べる

コスパに優れたハイクラスCPUのCore i7-12700FとRTX 4070Tiを組み合わせたセール品。

私もCore i7-12700F+RTX 4070TiのPCを使用していますが、余裕の性能です。

クリエイティブな作業も余裕なメモリ32GBメモリを搭載。

静音性と冷却効率の高いサイドフロー式CPUクーラーを採用。

黒と白から選べるシンプルでスタイリッシュなケースが特徴。

RTX 4070Tiモデルの中では激安です。

安すぎ注意報!

セール中】フロンティア GA

CPUCore i7-13700F
GPUGeForce RTX 4070Ti
メモリ32GB
ストレージ1TB
高さ x 幅 x 奥行457 x 210 x 465
価格279,800円
ポイント
  • 最新CPU
  • 余裕の32GBメモリ!
  • 黒と白から選べる

16コア24スレッドにパワーアップした新型Core i7+RTX 4070Tiを組み合わせたセール品。

2023年の定番スペックになる最新の構成です。

余裕の32GBメモリに、シンプルでスタイリッシュなケースを採用。

第13世代Core i7モデルでは最安の一台。

安すぎ注意報!

セール中】フロンティア GH

CPUCore i7-13700F
GPUGeForce RTX 4070Ti
メモリ32GB
ストレージ1TB
高さ x 幅 x 奥行465 x 200 x 470
価格289,800円
ポイント
  • 最新CPU
  • スタイリッシュ
  • 白と黒から選べる

こちらも新型Core i7+RTX 4070Tiを組み合わせた定番スペック。

デザイン性、冷却性、拡張性に優れたハイクラスケースを採用。

最新スペックとしてはかなり安いです。

モンスターマシンが30万切り!

セール中】パソコン工房 LEVEL-R769

CPUCore i7-13700(水冷)
GPUGeForce RTX 4070Ti
メモリ16GB(DDR5)
ストレージ1TB
高さ x 幅 x 奥行465 x 220 x 493
価格314,800円
ポイント
  • Z790チップセット
  • DDR5メモリ

2月7日(火)までのセール価格

こちらも「レベル インフィニティー」のRTX 4070Tiモデル。

CPUは最新の第13世代Core i7に水冷クーラーを標準搭載。

マザーボードはハイグレードなZ790チップセットにクリエイティブな処理に強いDDR5メモリを採用。

多くの人が満足できる性能です。

パソコン工房は「延長保証」や「24時間サポート」など手厚いサービスが魅力!

お買い得!

セール中】サイコム G-Master VELOX 2

CPUCore i7-13700
標準構成よりアップグレード
GPUGeForce RTX 4070Ti
標準構成よりアップグレード
メモリ16GB
ストレージ1TB(爆速)
標準構成よりアップグレード
その他
カスタム
Windows 11 Homeに変更
750W電源に変更
高さ x 幅 x 奥行454 x 215 x 473
参考価格323,190円
買いました!めっちゃ良いです
ポイント
  • カスタムし放題
  • 白と黒から選べる
  • 高品質パーツで武装

サイコムは数あるBTOメーカーの中でも自作代行と言えるほどカスタムの幅が広いショップです。

注文時に以下のカスタマイズが可能。

  • OS無し(25,200円 OFF )
  • CPU/GPUの変更
  • メモリ/SSD容量の調整
  • などなど

ケースは静音性の高いFractal Design製で前面にUSB Type-Cのほか、下段の5.25インチベイに小物入れを標準装備。

CPUファンは最高級ブランドのNoctua製。

SSDは読込6600MB/sの爆速タイプ。

パーツ構成は極上で、自分好みにアップグレード/ダウングレードが自由自在。

パーツをダウングレードすればもっと安くなります。

詳しい使用感は関連記事をチェック!

こだわり派におすすめ!

ツクモ GA7J-C230

CPUCore i7-13700F
GPUGeForce RTX 4070Ti
メモリ16GB
ストレージ1TB
高さ x 幅 x 奥行435 x 190 x 475
参考価格327,700円
ポイント
  • 1000W電源搭載

第13世代Core i7+RTX 4070Tiの定番モデル。

電源は1000Wの大盛りで、RTX 40XXシリーズに最適な12VHPWR対応の極上品を標準搭載。

注文時のカスタム性が高く、CPUのダウングレードや追加で3台のストレージを増設可能。

狙ったパフォーマンスに合わせやすいPCです。

ツクモのPCはマザーボードなど、PCの重要な構成パーツ名がある程度公開されています。

購入前後に拡張計画を立てやすいのがポイント!

パーツ構成が良い!

セール中】パソコン工房 LEVEL-R769

CPUCore i7-13700KF(水冷)
GPUGeForce RTX 4070Ti
メモリ32GB(DDR5)
ストレージ1TB
高さ x 幅 x 奥行465 x 220 x 493
価格344,800円
ポイント
  • 最強CPU搭載
  • 大容量メモリ
  • Z790チップセット

こちらも「レベル インフィニティー」のRTX 4070Tiモデル。

CPUはリミッター解除されたフルスペック版のCore i7。

処理能力が高すぎて発熱の多いCPUですが、水冷クーラーで安定動作を確保。

マザーボードはハイエンドなZ790チップセット。

メモリはクリエイティブな処理に強いDDR5タイプを32GB搭載。

長く現役で使えるパーフェクトなスペックです。

パソコン工房は「延長保証」や「24時間サポート」など手厚いサービスが魅力!

次世代の最強マシン!

【まとめ】迷ったらこのPCがおすすめ

ここまで読んで、どのPCが良いか迷ったら次の3台が特におすすめです。

スクロールできます

サイコム G-MASTER
Core i7モデル

フロンティア GH
Core i7モデル

フロンティア GA
Core i7モデル
タイプ性能重視バランス重視コスパ重視
CPUCore i7-13700FCore i7-13700FCore i7-12700F
メモリ16GB32GB32GB
ストレージ1TB(爆速)1TB1TB
サイズミドルタワーミドルタワーミドルタワー
特徴最新CPU

高速SSD

カスタムし放題

白と黒で選べる
強力CPU

白と黒で選べる
コスパ良いCPU

白と黒で選べる
価格323,190円289,800円259,800円
詳しく見る詳しく見る詳しく見る

ゲーミングPCは一度買うと数年間は使い続けるものです。

せっかく買うなら長く現役で使える相棒を選びましょう!

極上のゲーム体験ができますように!

おすすめゲーミングPC 早見表

更新:2023年2月3日

スマホはスクロールできます→

価格CPUGPUメモリストレージメーカー
139800円Ryzen 5 5600XRTX 305016GB1TB
(爆速)
ツクモ
148800円Core i5-12400
(水冷)
RTX 306016GB500GBPC工房
154800円Core i5-12400FRTX 306016GB500GBマウス
159800円Core i5-13400FRTX 3060Ti16GB512GBフロンティア
172900円Core i5-12400RTX 3060Ti16GB500GBストーム
174800円Core i7-12700RTX 3060Ti16GB500GBPC工房
189800円Core i5-13400FRTX 307016GB1TBフロンティア
209220円Core i5-13400FRTX 3060Ti16GB500GB
(爆速)
サイコム
209800円Core i7-12700FRTX 307032GB1TBフロンティア
229900円Core i5-12400FRTX 3060Ti16GB512GBマウス
230641円Core i7-12700KRTX 307016GB1TB
(爆速)
HP OMEN
259800円Core i7-12700FRTX 4070Ti32GB1TBフロンティア
264800円Core i7-12700RTX 308016GB1TBストーム
289800円Core i7-13700FRTX 4070Ti32GB1TBフロンティア
よかったらシェアしてね!
目次