【日本酒備忘録】蓬莱(ほうらい)秋のにごり酒<岐阜県・にごり酒・渡辺酒造店>

これまで自分が飲んできた日本酒の備忘録。

720mlで1,500円〜3,000円程度のお手頃なお酒ばかりを飲んでます。

蓬莱(ほうらい)秋のにごり酒

産地 岐阜県
製造者 渡辺酒造店
種類 にごり酒
タイプ 甘口
アルコール度数 17
香り ★☆☆☆☆
複雑さ ★★★★☆
コク ★★★★☆
飲みやすさ ★★★★☆

コメント

個人的にお初のにごり酒

最初は違和感があったけど、うまし!

日本酒くささがなくて飲みやすい

酒に強くない人に向いている

口の中でどろっと溶けて、米の旨みがすごい

酒のつまみがいらない

食べるお酒と呼ばれているらしい

蓬莱シリーズはどれを買っても当たりの酒なのでは?

にごり酒を試してみたいのならオススメ!

関連記事 【日本酒備忘録】蓬莱(ほうらい)<岐阜県・純米吟醸酒・渡辺酒造店>

特徴

渡辺酒造店 にごり酒紹介ページより引用

にごり酒は熟成したもろみを目の粗いふるいで漉して瓶詰めしてあるので”清酒”となります。にごり酒は一口飲んでみると、とろっとした口当たりで口の中に広がる重厚な甘さがあり、ぎゅっと凝縮された米の旨みが伝わってくるかなり濃厚なお酒です。

渡辺酒造店のにごり酒は、数あるにごり酒の中でも「一番濃い」にごり酒です。どぶろくと同様に飲むというより”食す”と言ったほうが合うくらい濃いです。どぶろくと違い、微炭酸のピチピチ感や米のつぶつぶの食感、独特の酸っぱさはありませんが、南部杜氏の技、蓬莱蔵元のこだわりが注ぎ込まれた濃厚な甘み・旨みがあります。

口コミ

渡辺酒造店 製品紹介ページより引用。

夏のにごりに比べてコクがありました。義母といただきました。後味もよかったです。冬のにごりが楽しみです。

初めてとろとろを頂きました どぶが大好きな私には少し辛口かなと? 知人がすっごく喜んで飲んでくれました

概ね評判は良いですね。

価格

1,188円(720ml・税別)

販売時期が9月、10月だけの限定品

>>渡辺酒造店オンラインショップ

用語集

「どぶろく」と「にごり酒」

どぶろくとは?
米、米麹、水を発酵させてもろみをこさずに作ったお酒。
酒の区分は清酒ではなく、醸造アルコール。
工程の少なさから、昔は自家製のどぶろくを作る家庭が多かったらしい。
現在は無免許でお酒を作ると酒税法違反となる。
どぶろく特区というエリア(たくさんあります^^;)のみ、どぶろく製造免許が不要。
にごり酒とは?
もろみを粗ごししたお酒。清酒ほどこさないので、糖やでんぷんが多く含まれていて甘口になる。
もろみ(醪)とは?
酒造りの工程でできた上槽部に溜まる酒粕。

ギャラリー

▼岐阜県の道の駅「奥飛騨温泉郷上宝」で購入した300mlボトルです。

▼色

▼ラベルの拡大1

▼ラベルの拡大2

▼ラベルの拡大3