BMW純正クレードル用 ワイヤレス充電スマホホルダーTOURATECH TTJP-030を買ってみた

TOURATECHで販売しているBMW Navigator5、6用のナビクレードルに取り付けるスマホホルダーを買ってみました。

ワイヤレス充電(Qi規格)に対応しています。

まとめ動画

お姿

パッケージ

▼価格は税込 ¥13,860也

▼マニュアルは付属していないので、製品仕様はココでしか確認できません。(画像をクリックすると拡大されます)

防水についての記載は無しです。

パッケージから読み取ると、ワイヤレス充電の出力は10Wに対応している模様。

iPhone11 Proのワイヤレス充電は7.5Wですが、問題なく給電できました。

本体正面

▼プラスチック製ですが、ヤワな感じはしません。しっかりした素材です。

最大適応スマホサイズは85mm x 160mm x 11mmとのことです。

かなり大きめのスマホでも使用できますが、右側にでっぱります。

およそ国内で販売されているスマホなら、なんでもOKでしょう。

右側面

▼TYPE-Cの出力コネクタがあります。

付属品はゴム製コネクタカバーが3つのみです。

ここからiPhone8にLightningケーブルを回して使ってみましたが、問題なく給電されました。

ワイヤレスとケーブル充電が同時にできます。

気になったところ

スマホによっては、ホルダーの締め付け部分に音量や電源ボタンが干渉します。

▼iPhone11 Proだとモロに干渉して、緊急SOS発信モードになってしまいます^^;
▼手持ちのクッションゴムを使って、音量と電源ボタンがホルダーに触れないように調整しました。

 

また、防水性能が不明です。

造りはしっかりしているので、弱い雨なら水没しないと思われますが、私は雨天時以外で使う予定です。

まとめ

価格は高めですがワイヤレス+有線なスマホホルダーで無敵の仕様です。

ナビクレードル標準装備車なら買いでしょう。

F750GSやR nineTのようにクレードル自体がオプションの場合は、ちょっと高い出費になりますね。

そもそも私はNavigator6を愛用しているのでこのパーツは不要なのですが、先日Navigator6のGPSが不調になって現在位置を頻繁にロストするトラブルに遭遇しました。

現在は自然復旧して使えているのですが、スマホに比べるとNavigator6のGPS感度はかなり弱い印象があります。

関連記事 Navigator6 GPSトラブルとファームウェアアップデート(未解決)

Navigator6はナビとしては使わず、広域マップを表示させて現在のおおまかな走行位置を確認するために使っています。

▼ハンドルのジョグダイヤルを使った地図のズームイン、アウト操作が非常に使いやすいのでNavigator6は手放せません。

どうしても広域マップを表示させていないと、安心して走れない体になってしまいました^^;

昔は紙の地図だけでツーリングをしていても、全く不自由しなかったのに不思議なもんです。

またNavigator6が不調になったとき、スポット的にこのホルダーを使う予定です。